pop2.jpg

2017年07月28日

7月30日(日)最新アトピー治療 ドクターマセソンアトピー治療研究会ワークショップ CSPP東京キャンパス

17年続けている活動ですが、日本の皮膚科学会では、アトピーは治らない病気と定義されて、一生付き合うものとしてます。でも、患者は苦しいので代替医療に走るわけですが、そこに質の悪いビジネスが横行してアトピー性皮膚炎・不適切治療健康被害実態調査委員会が設置されました。それにより、アトピービジネスはなりをひそめましたが、適切なアメリカ医療など高度な医療への選択肢もひとくくりにされています。そして、現行のステロイド軟膏医療(日本の治さない標準治療)にもどるよう患者は促されています。実態は、患者は治らず減らず、水面下に!詳細ここに書きました。http://a-association.com/618

患者さん、ご家族どなたでもご参加いただけます。また、「アトピー」の方をCLに持つ、カウンセラーさん、医療者さん、などのご参加を歓迎しております。本情報を必要な方をご存知の方はご案内、シェア、ツイート、などいただけるととても助かります!!どうぞよろしくお願い致します。(^^ゞ

こちらからご参加をお願い致します。 http://a-association.com/594


posted by AA-J at 17:38| 「続・1%の奇跡」

2017年07月22日

アメリカ最新アトピー治療 研究会 CSPP東京キャンパス 7月30日(日)

アメリカのアトピー治療のエッセンス1:ほとんどの患者さんがスタッフのバクテリアで皮膚と鼻の穴が感染しているためお薬でコントロールすることが必要です。#アトピー治療 
アメリカ最新アトピー治療 研究会 CSPP東京キャンパス 7月30日(日)では、質疑応答を中心に進めたいと思っております。どなたでも参加できます。
http://a-association.com/594
posted by AA-J at 11:32| 「続・1%の奇跡」

2017年07月19日

最新アトピー治療 ドクターマセソンアトピー治療研究 ワークショップ CSPP東京キャンパス 7月30日(日)13時〜17時

日本とアメリカのステロイドの戦術と内容の違い、アレルギー免疫療法違い、
難治化例への対処方法:日本のステロイド軟膏〜リバウンド状態からの脱プログラムなど、質疑応答を中心に行う予定です。開催に際して、本情報を必要としておられる全国の患者さん、ご家族にホームページ等を通じて情報を発信しております。本情報を必要とされている方、ご家族をご存知のかたはぜひ転送、シェア、ツイート、ご案内をしていただけると助かります。
継続的な研究会・セミナーに育てていきたいと思います。どうぞよろしくおねがいします。医療従事者、心理臨床家、臨床心理学、社会学、医療・看護学等を学ぶ学生さんの参加も歓迎しております。

http://a-association.com/594   詳細ページ

IMG_3879.jpg
posted by AA-J at 11:44| 「続・1%の奇跡」