pop2.jpg

2010年02月09日

治療後の声 

■ アトピー治療を受けた方からの喜びの声、ハッピーボイス。 治療後のみなさんのメール待ってます。みなさんのメールが私たちの活動に勇気と情熱を与えてくれます。どうぞよろしくお願いします。


--------------------------------------------------------------------------------


「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その14


2006年07月07日 07時07分 この日僕はmixiという場所で自分の症状とある思いを公開しました。
自分がアトピー治療のための塗り薬により 重ステロイド症患者になってしまった事、
そして、様々な治療法を模索した挙句 一風変わった渡米治療を検討していると言う事です。
その日以来、僕はmixi上で、日記という形をとり 海外治療の為の準備やオレゴンでの治療経過
そして、そこでの僕の心境の変化などを、 ライトな文章で書き記してきました。

ここでは、mixi以外の方へ 僕のそれ以前のアトピーの症状、 脱ステの原因、渡米治療を選んだ経緯、
など核心そのものにも触れながら、 mixiよりもう少しディテールを掘り下げた内容に しようと思っています。
とはいえ、治療方法論や渡米治療の是非につき討論する気も、 他の全ての治療方法及び特定の商品を非難し糾弾するつもりも 全く無い、ただのアトピー患者一個人としての経緯であります。 ですので、上記のような内容のコメントや罵倒に付き合う気も さらさらありませんので、その点含みおき頂けましたら 幸いでございます。
それでは、少々長くなりますが、どうぞごゆっくり。。

僕は約4年ほど前、結婚と出産を機会に、 これまで、いい加減に対処してきた首の後ろや足などに出来たアトピーを 完治させようと、皮膚科を訪れました。 処方の通りにステロイドのリンデロンVGを使うと
見る見る炎症が引いていきました。 炎症が引き痒みも治まったので、薬の使用を中断して2日後、
今度は同じ場所にさらに酷いアトピーが出来ました。 そうこうしてる内に、患部は各関節部、生え際、口の周り、
耳などというようにどんどん拡がってゆき、 髪も一部脱毛したり膿栓が出来たりしながらも いつの間にか、月に一度血液検査、そして 各種抗生物質、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、 精神安定剤、睡眠薬、抗真菌薬、マイザー軟膏、ロコイド軟膏 アンテベート軟膏、リンデロンローション、 ツムラの漢方2種、プロペト、プロトピック、
亜鉛化単化軟膏、その他大量の薬を いつも携帯しなくてはならない状況になりました。

その後、病院を数度変えてみたものの、 ステロイドの強度は少しづつ上がっていき それに呼応するかのように皮膚の状態もどんどん 悪くなっていき、薬の種類も増えていきました。 毎日をステロイドで誤魔化しながらも仕事に明け暮れ、 最終電車近くに帰ることが出来るか、さもなければ 徹夜という状況下、それでも会社に通う事は出来ました。 今年3月の去る日の僕は仕事中、耳鳴りが止まず、 ちょうどいくつかの仕事の区切りが良かったので 次の日、一日休んで耳鼻科に行った所、 内耳炎外耳炎と診断され、鼓膜が治るまで 仕事は休むようにと言われ、ほぼ毎日のように 耳鼻科に通い詰めていました。 1週間経っても2週間経っても一向に治らず そればかりか無傷だった反対の鼓膜までが 破裂、最終的には左右2回づつ鼓膜が破れ、 片耳はその治療時の影響で変形していました。
培養検査の結果、効果的な薬が見つからないとかで もう一度再検査、今度はさらに多様な薬を用い 結果的に、僕の耳は耐性緑膿菌に近いもので、 効果のある薬も判明しました、その時既に治療3週目でした。

しかしながら、体全体と顔、耳に毎日ステロイド を使用しており、その影響で免疫力、 抵抗力が落ちている事がそもそもの感染の原因であり、 ステロイドを使用し続ける限り一向に快方に向かわないと 指摘され、慌てて皮膚科に問い合わせ、 その日を境に、僕の脱ステロイド生活が始まりました。 抗アレルギー薬を飲んでいるとはいえ、 これまで使用してきたステロイドを一気に絶つ事の 本当の意味をその時は知らずにいました。 指摘どおり耳は驚異的な速さでたった2日で回復しました。 しかしながら、一旦止めたステロイド軟膏を使用すると とんでもない痒みが襲ってきました。 また、薬剤の入っていないプロペトに対しても 僕の体は拒否反応を示し、とてもつけては居られなくなりました。

その日から数日後、今まで見た事もない 今まで起きた事も無い場所にまで酷い炎症で 体中が真っ赤になり、顔や足首等はむくんで、 耐えられない痒みと共にニキビのような出来物が 毛穴という毛穴ほぼ全てにに形成されました。
それについで全身の皮膚の剥落と少し掻くだけで 皮膚が容易に剥がれてしまう様になり、特に酷いものが 頭、顔から順に下に下りるように酷くなり足にまで 影響が降りる頃には頭の方は少し楽だったりと そういったサイクルで 都合3回、耐え難く酷いリバウンドを体験しました。 頭だけは始終痒かったです。

そんな中、食事制限、ビタミン風呂、添加物排除 コーラ砂糖除去、亜鉛、カテキン、ビオチン、 キトサンなどのサプリメント、空気清浄機 自己洗浄型空気清浄機能付きエアコン、 浄水器、漢方生薬煎じ薬、水療法、爪もみ、
消毒液塗布、呼吸法、亜鉛化軟膏、紫雲膏、 アトピコ、馬油、ヒノキ系薬品、杉エキス系薬品 密封療法、と色々試したのですが体感出来た物は皆無でした。 どれも最初は良い感じに働くのですが 回を重ねる毎に効果が薄れほとんど効かなくなる と言う現象を起こし、 新たな治療法や薬品を試しては期待を裏切られる繰り返しでした。

様々な情報がネットで溢れている昨今 僕も例に漏れずアトピーに効く薬品やグッズ、治療方や 脱ステ推奨皮膚医院、針灸、など調べている時 何か、今までと違う風変わりなHPを見つけました。 アトピーアソシエーションジャパン(AAJ)との出会いでした。 興味に引かれ、その日のうちにその内容のほぼ全てに目を通し無料の資料を請求しました。 これまで聞いた事も無いその内容に、愕然としました。 ある種のバクテリアに侵食されやすい事がアトピー体質で アトピーはバクテリアを体の中と外から駆逐し、 鼻などバクテリアの増殖しやすいところを叩けば 完治とは言わないまでも、発症させないで居る事は 可能だと言うのです。 加え、アトピーとアレルギーを切り離してそれぞれ別個に治療し、同時に喘息の治療も行えるという、 まるで魔法の様なその内容に強烈に興味を引かれつつ、
どこかに胡散臭さを感じていました。 あまりにも日本の皮膚治療の実勢とかけ離れている この治療についてのもっと具体的な内容、すなわち被験者の 言葉やブログはないかと探し、それらは簡単に見つかりました。

患者さんはみな、劇的に軽快し帰国しており、帰国後も ネットによる一年間のケアと投薬が付いていて、 決して、渡米する前のような状態には戻らないというのです。 しかしながら、この治療、ネックは渡米治療と言う事で 日本の医療システムの常識外、 すなわち国保の3割負担なる庇護の対象外 アメリカのドクターによる特別診察というシステムは 費用がかさむという点、加え約一ヶ月の海外入院生活、 興味は引かれつつも、妻と子を置いての単身渡米、 日本でまだ自分に出来る治療の可能性があるのではないか? と思い立ち、日本でのバクテリアに起因する皮膚病症例 を探しました、結果SSSSという症例があることが判明 。本来抵抗力の低い幼児などに発症するが時として、 投薬等による著しい免疫力、抵抗力の低下に陥った場合の感染症とありました。 同じような状態で耳が緑膿菌に感染し、さらにステロイド、 抗生物質等の長期投与の影響で耐性化した経験を持っていたので、 何かピンときました。 僕の脱ステ時数日後からの、 それまでのアトピーでは経験しなかったレベルの全身炎症、 剥落、組織崩壊、脱毛といい、そっくりそのままなのです。 ステロイドが無効化された事すら、その症状のピーク時には ステ軟膏の塗布は皮膚上にバクテリアを培養するようなモノ で禁忌との内容で、 きっとこれ(SSSS)に対する治療法は(AAJ)の物と 近いに違いないと考えるようになり、 日本の治療で僕の症状を治すことが出来るかもしれない。
と思いました。その後、色々な病院を廻りました。
小さな診療所から、大学病院まで、、、、

某大学病院では(SSSS)の名を出した途端、 医師6人に取り囲まれ、 その症例(SSSS)の疑いはあるけれど アトピーの場合も各部からブドウ球菌が多く見つかるため、 アトピーの増悪と明確な区別が無い、 その病気と認定すれば然るべく環境に隔離ですので、 (SSSS)認められず、 検査も上記理由により行う意味が無いと拒否などと、意味の分からない見解で結局のところ 何の措置も無し、、、、と言うわけで

日本ではバクテリア由縁の痒みや剥落、炎症を認めているが 明確な区別が無い割りにアトピーとは切り離している、 そして(AAJ)に似たような代替治療は行われない、 と言う結論を得ました あるとすればアトピーによる入院、ステロイド投与。 このように検討を重ねるに従い(AAJ)が 雲の上の蜃気楼のようなものではなく、 単にアメリカの科学的治療なのだという事が分かってきました。

さて、このように患者自らとしての僕は数多くの段階と 沢山の質疑応答を、自分の中で一つ一つ処理しつつ 理解を深めていきますが、周りの方々はそういう訳には 行きません。 すなわち、妻と義理の両親、義理の妹の理解を得る必要が あるのですが、 義理の妹さんは大学病院の看護師さんで、これまでも 病院を紹介して貰ったりしており、
義理の母は健康食品、自然食品などに凝っており様々な商品を勧めて下さったり、妻は妻なりに考えて、掃除の徹底、添加物の排除 アトピーに良くないものの除去食、など、 それぞれの方法で脱ステを応援して下さったもののこの一見破天荒な海外治療なるものについては なかなか理解が得られず、 日本で他に治療法は無いのか? もっと良く周りを探してみれば? 費用面はどうするの? などの意見が出され、 そんな中、当時オレゴンで治療中の患者さんとmixi上で 知り合え、貴重な体験談やアドバイスを伺う中で、 僕自身がきちんと代表者に話を聞いて、 疑問点や具体的な情報についての答えを得たいと 思うようになりました。

結果的には、(AAJ)の代表明石さんの所に 僕は僕の意図、妻は妻で疑念を持ったまま、二人で出かけ それぞれ感じたものを抱え、預けた娘の事もあり実家に行き、 そこで義理の妹さんとあれやこれやを話し、 結局はそこから家族へと僕の決意が伝わり また、妻や周りの疑念も晴れていきました。 すこしづつでも前進すれば、何とかなるもんだなぁ〜と 思ったものです。 それまでは、最悪の場合強行突破しかないのかと思っていました。

それまでは、延々と出口の見えない真っ暗闇のトンネルの中を 歩いているような感覚でした、 絶え間ない痒みとイライラ、眠れずささくれ立った神経、 そんな気は無いのに、寝起きの無意識に、 バタバタする子供に向かって「うるさい!!」と怒鳴ってみたり 家庭の雰囲気が剣呑なものになる事も数多くありました。 なにかしら毎日をとても神経質に過ごしていました。 しかし、 渡米治療に希望を見出してからは、気持ちが軽くなりました。 どうせ治るのなら、この一時的な痒みなど、どうって事無い、 とおおらかな気持ちになれました。 人間っていい加減なものだなぁ〜と思いました。

もちろん日本での治療法で治った方もいらっしゃると思います、 脱ステで発症させなくなるまで頑張る方もいらっしゃると思います。 しかし、ネットを見るとmixiの中でさえ、 アトピー30年めですとか、 脱ステ8年目です、10年目です、 などといってる患者さんが居るではないですか? 亜鉛で良くなると聴き試してみました、 生薬漢方も煎じて飲んでいました、 何が効いてるか分からない状況で 闇雲に手当たり次第試す事にも疲れ、 とてもじゃないですが、 僕の場合、数年も働かず闘病生活は出来ないので こりゃ早期になんとかしなければ と言う思いで闘病生活を送っておりました。 決意さえ出来てしまえば具体的な行動のみです。 お金の工面、パスポートなどの手続きなど、 多岐に渡り準備に忙しくなりました。 半年近くの間、頑としてステロイドを使わなかったのが どうせオレゴンに来たら治ってしまうのだし 当日、飛行機に乗れない程の酷い顔ではマズイので、 アレグラを一日二回、そして、酷い箇所のみロコイドを パルス的に使用しました。

そのようにして、今、僕はオレゴンにいます。 こちらに来て3週間ほどになりますが こちらに来てわずか2日で効果を体感でき、 良い意味でその状態が持続しており、 リバウンドもなく、鼻や手のひらなどアトピーと無関係に思える部分まで良くなり、肺活量や抵抗力が着いたのも自分ではっきり実感できます。

自分の事や気持ちを正直に話すのは、 ちょっと恥ずかしいのですが、 このような駄文を読んで、
何かしら心に引っかかるものがあるなら、 もう少し、この療法について調べたり、
代表の明石さんに質問しては如何でしょうか? 代表の明石さんも、約7年前の患者さんだそうで、 日本で散々色々試した挙句に渡米治療で著しく軽快し、 その後、ボランティアで始められた後 だんだんと今のようなスタイルになったと聞きました。 ですから、今、アトピーやステロイド症で苦しんでおられる方の 気持ちは痛いほど分かると思います。

早く直せばそれだけまともな生活を長く送れます。 僕自身はこの療法を選択して本当に良かったと感じています。
お金の面では本当に苦労しましたが、健康になれば、 働いて挽回できるので、一日も早く軽快し社会復帰したいです。 治療不能な後遺症や組織変形、治せないレベルの 脱毛、耐性菌化、合併症など、手の施し様がなくなる前に
どうか、こちらの治療を検討頂き、出来れば是非 オレゴンで、今の僕が感じている気持ちと 健康の素晴らしさを実感して頂きたいと思います。 僕の場合、数度に亘る破裂で耳が変形してしまい、 また、アトピーの酷かった部位の一部組織が やられ色素をなくした箇所があります、 また、生え際やコメカミ、チャリ毛、眉毛を無くしました。
幸い、毛の方は組織破壊まで至っていなかったので 皮膚症状の軽快と共に順調に生えてきております。

とりあえず、今の僕はすこぶる健康で アトピーであんなに苦しんだ日々の事が 少しづつ風化していきそうに感じます。 このタイミングで何かを書き残せたのは きっと何かの縁なのかもしれません。 アトピーの闘病生活のおかげで、家族の強い絆を実感し、 また、苦労を掛けてしまった事に感謝をしながら、 今からの僕は、この健康を家族や友人、そして 今でも症状に苦しんでいる人の手助けが出来ればと感じています。 とはいえ、(AAJ)と利害関係があるわけでもないので 僕はせいぜいこのような駄文を書いたり、リアルタイムな治療患者としての自身の生活模様を描いたりする程度です。 とりあえず、帰国したら、苦労を掛けてしまった家族に 家庭サービスをしたいと思います。

僕のmixi上での日記はまだまだ続きます。 オレゴンでの僕の様子、こちらの治療の様子、
帰国してからのアレルギー注射やセルフケアについて、 もしかしたらショートバーストについて 半年以上ぶりの社会復帰について、 アトピーとは関係無い文章の時もあります。
そして、手に入れた健康について、 もし、良かったら、遊びにいらして下さいね。

あなたの症状が少しでも軽快し、過ごしやすい夜に なりますように。



--------------------------------------------------------------------------------

アトピー治療後のお声を聞かせてください。】

「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その13

明石さま、大変ごぶさたしております。6月治療チームのものです。
先日日本に帰国したのでご挨拶にまいりました。
すっかり治って、アメリカ中の友達、親戚をわたり歩いて遊び倒し、ついに来月、
3年ぶりに大学に復学することになりました。ばんざーい!

こんな日が来るとは本当に思っていなくて、てっきり自分は勉強なんて全くやる気がなくなっていたのかと思っていたのですが、いやいや、単純に私ってアトピーで結構辛かったんですね!
治ってみたら今までやる気のしなかったことが、ためらわずひょいひょいとできるし、
朝も早起きでおひさまの出てる時間にいっぱい活動できるし、本当に毎日生まれ変わった気分です。

いろいろいろいろ書きたいことはあるのですが、(海のこととか)
今週末は友達の家族に誘われて軽井沢に今から出かけてきます。あんなにただ寝て食べて遊んだだけの治療なのに、
アメリカから病気の治療で帰ってきた、と人に言うと、
「それは大変だったね。。いいよ、今日はおごってあげるよ!」
という運びになり、帰国した翌日から毎日ディナーやら何やら予定がいっぱいです。
人生って不思議。。。

そして、本の出版、本当におめでとうございます!!
ここまでいらっしゃる過程、いくつもの大変なご苦労だったことと思います。
記念イベント、楽しみにぜひ私もお祝いにかけつけさせていただきますね!
それでは取り急ぎ。
love and sunshine,

2006年 9月 1日


--------------------------------------------------------------------------------

アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その12

今日はお忙しい中、空港でお茶まで付き合ってくださり、どうもありがとうございました。 おかげさまで、久しぶりのNYで久しぶりの友達にも会うことができて、 つくづくアトピーになってよかったです☆

先ほどアメリカにいる父の幼馴染(NASAの天体物理学者かつSF作家という面白いおじ(い)さんです)からメールが届いたのですが、 そのおじさん曰く、 NIH (National Institutes of Health) にいるPh.DかつM.D.の友達にドクターのcredentialsを見せたところ、
"I am not surprised that your friend's daughter is on her way toward complete recovery." と言われたそうです。
見る人が見れば、一目瞭然、御立派!な資格証明書なのだそうですね。 私自身は何も知らずに、HPを見て直感でここまで来ただけのくせに、 こういう話を聞くと思わずとても嬉しくて、そのまま高沢さんに言いたくなってメールしました☆



--------------------------------------------------------------------------------

アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その11

二日遅れましたが、誕生日おめでとうございます。
明石さんにお会いしてから一年たつんですね。帰国してからは、あっというまの一年でした。
最近の調子は、というと梅雨にもかかわらずとても調子がいいです。
アレルギ−の時期が終わったせいか、皮膚に厚みがでてきているのを、実感しています。
普通に生活できる事が、これ程楽で、幸せなのかと感じる毎日です。
一年前、明石さんに出会わなければ、ほんとどうなっていただろうと怖くなります。
今日、明石さんのブログを読んで思い出したのですが、
僕にも、症状がもっともひどかった高校時代の記憶がほとんどありません。自分の人生の中でぽっかり空いた空白の時間です。これから、ぼちぼちそういう時間を取り戻していこうかと思ってます。
そういえば、明石さん大学院に入られたんですね。
頑張ってくださいね。応援してます。



--------------------------------------------------------------------------------



【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その10

おひさしぶりです。私が治療を受けたのは、私が医師になる前の医学生の時でした。もうかれこれ5年になります。元々アトピー体質であり幼い時から常に皮膚は乾燥し、12歳ごろよりステロイド軟膏を愛用していました。その後も特に悪化も改善もなく経過していましたが、大学入学後テニスを始めたときから私の皮膚が変化してきました。

屋外でのスポーツのため今まで皮膚に与えたことのない『日焼け止めクリーム』を使うようになって・・・みるみる皮膚は乾燥、炎症を起こし、さらにそれを押さえ込むためにステロイド軟膏を塗る→日光に当たるという、今考えるとなんとも恐ろしいことをしてしまったのです。想像通り私の皮膚は見るも無残な状態で、その当時の写真をみると黄土色の皮膚をしていました。テニスをやめようか…と思っていた矢先、ある日突然顔面がまっかっかになり目も開かないくらいに腫上がっていました。そのときの私は、まさかそれがステロイドの副作用であるとは思いもよらず、さらに強力なステロイドを使い始めました。勿論、皮膚科にも行きました。

何をしてもどうにもならない私の顔、さらに追い討ちをかけるように大学では解剖学の実習が始まり、1日中目にしみるホルマリンやアルコールの充満した教室で毎日を過ごしました。それは、地獄ですよ。顔と首だけだった湿疹も、あっというまに前胸部、背中に広がり解剖実習が終わる頃には手指まで広がり肘は曲げられず、耳たぶからは滲出液がぽたぽたとしたたり落ちるような状態でした。

もう医者になるのはやめよう、と何度も思いましたよ。この時は…本当に両親に迷惑をかけました。(もともと気性が荒い私ですが)腫れ物に触るように私に接し、毎日大学から帰ってお風呂に入ったあとは全身保湿剤を塗ってくれたりと、時には今考えると恥ずかしくなるような暴言もはきました。医師を志す私が『何も信じられない』と思っていたとき、叔母からDr.マセソンのクリニックの話を聞きました。

まず治療内容の資料を読ませていただき『そうか!そうだったんだ』と納得し、渡米する決心をしました。私にはまだまだ『未来』がある、こんな状態で妥協してはいられないと思いながらドクターの治療を受けました。治療中および治療後の喜びはこの治療を受けられた患者さんと同じく、ドクターは私の人生を救ってくれた恩人です。

あれから5年が経ちますが…今ではアトピーであることを忘れてしまうくらい、また一緒に働く看護婦さんからも『先生、お肌きれいね。どこのお化粧品使ってるの?』と言われるくらいによい状態をキープしています。それでも時々当直明けや、女性ホルモンの周期にあわせて顔がほてったり痒くなるときもありますが、酷くなりそうなときはその周期にあわせてPSLを3日内服することもありました(最近はありませんが)。

私も医師になって5年、現在は消化器内科医として胃カメラや大腸カメラなどを行い診療をしていますが、特に最近になって、ふと患者さんと私の関係を、私とドクターの関係に照らし合わせて考えることがあります。私がいちアトピー患者としてDr.マセソンに頂いたものは皮膚の健康だけではなく『何かトラブルが起きても、また昔のようになったとしても私にはドクターがいるから大丈夫』という安心感なのだと実感しています。

ドクターは私の主治医であり医師としての大先輩でもあります。いつか医師としてドクターのアトピー治療を学びにいけたら…そして、日本でアトピーと闘っている患者さんを正しい治療法で助けてあげられたら…と思っています。

2006年 2月 17日


--------------------------------------------------------------------------------

【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その9

明石さんこんにちわ。
もう治療を受けて帰国してから一月程度立ちます。最近は非常に寒くて屋内にこもってばかりですが、明石さん
風邪は大丈夫でしょうか。帰国してきてからは寝てばかりの生活をしています。アルバイトもしてはいますが、きっと就職して定年後の時間を自分は先取りしているんでしょうね。ストレスもなく非常に気楽な生活を送っています。

最近運動がてらにゴルフの打ちっぱなしに通っています。これだけ寒くなっても汗はかくもので、結構いい運動になります。汗をかいて、ふとかゆくないと思うと自分は幸せだなぁ、とか思ってしまいます。
やっぱり運動っていいですね。今までは動いて汗をかくとかゆかったので、あまりしていませんでした。

今では親にアメリカかぶれ、とかいわれていますが、そんなに影響を受けたのか!?と自分で常々思うこのごろです。風邪を引いたときに風呂に入るのはやめておくよういわれましたが、風邪のほうがアトピーよりましだ、などと妙な考えを起こして風呂に入ったこともありました。

また今月アメリカに行く予定でいます。そのときは以前とちがって自分の趣味について色々と学んでみたいと思います。これからも色々お世話になると思いますが、治療の架け橋をしていただいている明石さん、ポートランドで色々お世話になった高沢さん、笑顔が非常に印象に残ったドクターには、頭を下げてお礼を何度も言いたい気持ちです。

ポートランドも、日本も寒い時期です。皆さん風邪などに気をつけて
お体を大事にしてください。それでは失礼いたします。


2006年2月1日

メールありがとう。
日本版セタフィル、プラスティベースの開発業務の会議で埼玉の製薬会社からいまもどりました。
夏前には患者の会の方に、おわけできるようになるとおもいます。

治療がうまく進んでいてほんとうによかったですね
私もサーフィンができる自分をしあわせだなぁーと毎日おもいます。

これかまでつらい時間をがまんしてきたので普通の(かゆみのない)感覚がもっともっとしあわせに感じられるようになっていくとおもいます。でも、まだまだ安心ではないのでセルフケアと定期的な注射をがんばってください。

これから社会人になるにあたってアメリカの良い部分が役に立つとよいですね。
私より先にれーしっくにいけてうらやましい。いろいろポートランドを楽しんできてください。



--------------------------------------------------------------------------------



【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その8

こんにちは〜遅くなりましたが。。。あけましておめでとうございま〜すぅ。
今年もよろしくお願いします。
毎日、寒いですね。。。最近、寒いので朝風呂サボりがちにしてたら、湿疹出てきました。。。乾燥しててかゆくなったりしますが以前に比べて皮膚が強くなってるみたいで全然大丈夫ですよ
(明石さんの言葉を実感してます)

私がアレルギー注射してもらっている病院は、初めての時は先生に診てもらってからなんですけど
2度目からは、注射コーナーに直接行けるので待ち時間も少なくていいと思いますよ。
ところで、注射って何年ぐらいで終わりなんですかね??
そろそろかな、なんて思ってるんですけど。。。今、3本目です。

あっ、こないだ数年ぶりに皮膚科に行きました。足の裏の皮がべろ〜んって剥けて
水虫か??と思い、心配になって隣の駅(通うことになったら恥ずかしいので)の皮膚科に行って調べてもらったら「湿疹ですよ、よくあるんですよ」って言われて安心したんですけど、処方箋は懐かしのリンデロンだったので家にある薬ぬっとこーっと思って薬はもらいませんでしたが・・・見た目がアトピーじゃないと、ただの湿疹になるん
だなぁと思いましたよ。

そのとき待合室に新しいアトピーの薬の治療に参加してくれる子供達を募集してましたよ。
これってエリデルですかね?とりあえず、困ってる人たちを早く助けてあげれればいいんですけどねぇ〜

こないだ、ポートランドの語学学校でできた韓国人の友達にそー言えばあの時、顔の色がダークだったよね。。。ってなぜか今頃言われました。実はあの時、アトピーの治療で・・・って話してもよかったんですけど
つたない英語でそんな深く長い話はできないのでしませんでしたがあの時は、うれしくて外に出まくっていたものの、やっぱり普通の人から見たら不自然だったんだなぁと思ったりしましたよ。ということで昔のことを思い出
しつつ今年もがんばろーかなって思いました。(やっぱりあの時って黒かったですか?)
ではでは、今年も困ってる人のために、がんばってくださいね!! 応援してますよ〜

2006年 1月 15日 日曜日 8:00 PM


--------------------------------------------------------------------------------
【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その7

皆様 遅くなりましたが、明けましておめでとう御座います。 2005年11月28日出発組の者です。
帰国して約2週間が経ちました。現在の肌状態ですが良い状態です。流石に”全く痒くない”と言う訳には行きませんがTACを塗れば落ち着くレベルです。 以前の”夜も眠れない痒み地獄”が嘘のようです。

「安眠出来るのなんて何年振りかなあぁ。」なんて考えてみたり。 アトピー性皮膚炎でない人には理解しづらい事だと思いますが、”安眠出来るのが嬉しい”事なんだと実感しました。

後、私は喘息持ちなので喘息の治療も受けました。渡米前に日本でも治療を受けていたのですが余り改善されませんでした。ですが、渡米後の治療の御蔭で今は完全とは言えませんが、10割が完全として今現在9割位まで回復しています。因みに渡米前は5割位でした。 治療代は日本よりアメリカの方が掛かりましたがアメリカで治療して良かったです。

今回の件でアメリカが好きになりました。今度は観光でオレゴンへ行ってみたいです。 最後に、 オレゴンでお世話になった方々及び明石さん、そして、アトピーで悩んでいる方にも今年が良い年でありますように。 それでは。

2006年 1月 13日 金曜日 4:14 PM
--------------------------------------------------------------------------------

【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その6

6月にこのホームページの出会い、資料を請求し、半信半疑で、悩んだ挙句、9月の説明会に参加させて頂きました。正直な気持ち、だまされるんじゃないかと、心配しながら参加させて頂いたのですが、
明石さんにお会いして、その不安な気持ちは、ふっとんで行ってしまいました。

色々なご自分の体験談や、治療についてのお話や私の質問で、時間をかなりオーバーしたにもかかわらず、嫌な顔ひとつせずに付き合って下さいました。
私は、それまで漢方やT病院など、色々な病院にかかっていたのですが、だんだんとステロイドも効かなくなり、
どうしようかと不安な毎日をすごしていました。私は、主婦で、主人と娘をおいて1ヶ月という長い期間渡米することを躊躇していたのですが、明石さんからの、「自分を大切にして下さい。そして、良くなって、これまで以上にご主人や娘さんを愛してあげて下さい」という言葉で、決心がつき、10月に実家の母を東京に呼び、家族の世話をお願いし、渡米して治療を受けることができました。

マセソン先生は、やさしい目をしたジェントルマンで、これまでの日本の医者と違い、皮膚に何度も触れて、じっくり診察して下さいました。長年のステロイド使用の為に、何度もリバウンドが来ましたが、お薬で覚悟していたよりもずいぶん楽に乗り切ることができました。 これも、すべて、マセソン先生の計算されたお薬の処方の賜物だと思います。

そして、1ヵ月後、成田空港に迎えに来てくれた母から、「顔が白くなったけど、お化粧しているんでしょ。」と言われ、「すっぴんだよ」と言うと、ものすごくびっくりしていました。渡米前の私の顔は、ステロイドで色素沈着していたのですが、それが治療でみるみるうちに、白くなって行ったのですから。

今、帰国して1ヶ月が過ぎようとしていますが、順調に回復しています。
ドクターからの指示をまもり、毎日2回のお風呂と保湿がんばっています。

この治療を紹介してくれた、明石さん、治療をして下さったマセソン先生、通訳だけでなく、ポートランド生活を楽しませて下さった、アメリカオフィスの高沢さん、皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

H.T 
2005年 12月 26日



--------------------------------------------------------------------------------

【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その5

こんにちは。 もうすぐ、Xmasですね☆
今年は寒くてホワイトクリスマスの可能性も高いですねぇ。 1年前のXmas・・・何をしていたのか全く思い出せません。 あの頃は毎日が同じで外出もままならない状態でした。 仕事もほとんど行けず、毎日毎分自分の身体と気持ちと戦ってましたからね。

そういえば、 保湿剤か化粧品か病院か何か忘れましたけど、 ネットでアトピー関連の商品を検索していたんですよね。 そして、ココのHPにたどり着いたんでした。 「アメリカ?何これ??うわっ高!これも(他の多々ある怪しい情報と)同じかな?」 HPをざっと見て思った感想でした。(ごめんなさい)

気にも留めず、すぐにまた他のページを探して。。忘れたつもりでした。 そして、お正月を迎えやっとの思いで実家に帰りましたが、 現状維持もままならず、悪化の一途をたどる私はふとこのHPを思い出しました。 そして、両親に「アメリカに行くかも」と伝えました。 驚くと思いきや意外にも「行っていいよ」の一言でした。 しかし、偶然出会ったHP、再度見つけるのは大変でしたよ、本当に。 けど、執念で探し出し、ちゃんとHP読みました。

そして、仕事始めの1月4日明石さんへ電話をかけると・・留守電。 さすがにまだ休みよね、とあきらめたものの 翌日無事に連絡が取れ、すぐに渡米を決めて職場の了解を得(半分泣き落としでしたけど(苦笑))、 10日後には日本を出発!! この間、明石さんから詳しい資料を送ってもらったので、両親も安心したようです。
<私、情報をほとんど伝えてなかったので心の中では心配してたんでしょう> それくらいバタバタでしたね〜。

思い返しても凄いな、私って感じです。 今、同じことできるかっていうと躊躇しますよ。 最後の最後の切り札って感じで追い込まれていたからこそできたのかな。 帰国した直後は、みんなに良くなったねとかどういう治療をしたのとかいろいろ言われましたが、今は誰にも何にも言われません。 新しく出会った人にもアトピーで生死をさまよっていたの気づかれないんです。 ボディはまだまだ皮膚が不安定だし、全然キレイじゃなくて当分ケアが必要だけど、 昔の自分に近づいているんですよね。嬉しい限り。

普通の生活ができるのってスバラシイ! アメリカでは・・高沢さんのおうち、ケアホーム完成したんですね! おめでとうございます。 ぜひ、もう一度訪れたいものです。 来なくていいって言われそうですが、、で、ドクターにも会いたいですね。 デジカメで撮った画像でなく生の自分を見せてお礼をいいたいです。 そう思わせるくらい治療=辛いイメージじゃない!!

注意するpointは、自分自身と関係者を信じることくらいかな。 あとは、英語がもっと話せたらいいかな。 千載一遇で出会ったこのご縁、無駄にしなくてよかったって本気で思います。 ここのHPを気にしている方には、迷わず『善は急げ!!』精神で前に進んでほしいもんです。

そうそう、最近気になるのが勉強会です、どんな風にやってんだろうなぁ、と。 今頃かよ!って明石さんから突っ込み入りそうですけどね。 私には、行く時間がありませんでしたからね。 東京だけじゃなく、九州とはいいませんが、、西日本くらいであるならお手伝いできるのにネ。

何かできることあったら声かけてくださいな。 東京に行く機会があれば、お会いしたいもんですね。フフフ。
しかし 今年のクリスマス・・・ 準備万端なのに相手がいない。。 しょうがないので、女友達とパーティ。
だけど、去年に比べたら最高!!

2005年 12月 21日


--------------------------------------------------------------------------------

【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その4

こんにちは。明石さん
無事帰国しました。行く前は、いろいろとお世話になり本当にありがとうございました。

滞在中、一人でホテル暮らしの僕に、電話を、してきてもらった時は、とても嬉しかったです。あの電話で、日本に帰ったら、1年ぐらいは、のんびりやろうと、、、。突っ走りかけていた気持ちを、思い直すことが出来たように思います。帰ってきて思うのは、これから約半年から1年が大事な治療の時期だなという事です。
明石さんが、電話で言われたとおり、あまりやんちゃせずのんびりやろうと思っています。

今だから、言えるのですが、行く前、治療の申し込みをしてからの自分の心身の状態は、とても不安定で
ひどいものでした。もしこれで駄目ならどうしようという想いから精神的にかなりきつい状態でした。
そういった事もあり、明石さんと電話で話しさせてもらった時も、電話腰に、どこか疑っている想いが伝わっていたと思います。本当、すみませんでした。

これからもなにかとお世話になると思いますが、よろしくお願いします。
あと、保険の申請の事等で、いくつか質問があるので、近久、電話させてもらうと思いますので
よろしくお願いします。 、明石さんも体に気をつけて仕事、遊びに頑張ってくださいね。
最後に、12月の中旬すぎぐらいに東京に行く予定があるのでもしお会いできると良いですね。一緒に美味しい物でもたべましょう。

それでは、また。
                 
2005年 11月 24日


--------------------------------------------------------------------------------

【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その3

どうもお久しぶりです。先日まで治療していた患者の夫です。
26日に帰国しましたが今のところ良好です。
本当にうそのように治ってますね。
途中から妻も買い物がんがんしていました、、、。
で、私自身も妻の治療途中から渡米してついでにアレルギ検査してもらいました。妻よりも多くアレルギ反応でてしまいました、、、、。
自分の治療でも感じたのですがアメリカの医療機関は説明が丁寧で論理的ですね。
実は夏に耳の中がかゆくなって耳鼻科にいってみてもらったらウィルス性と判断されました。
治療はしたのですが最近かゆくなることがあるのでアレルギー検査の問診時にいったらついでに耳ものぞいてみてもらえました。で、ウィルスじゃないよって説明をうけお薬を処方してもらいました。
すると日本の耳鼻科では1週間以上かかったのが翌日にはかなりましになっていました。

これはアトピーだと説明を受けたのですがその理由も丁寧に教えてもらいよーくわかりました。
日本では「これは夏によくなるやつです」としか説明してくれなくなおかつウィルス性と、、、、。
なんか日本の医者が頼りなく感じました。仕方ないですね。

とにかく妻もいろいろと治療中の記録をつけたりしてますのでまたなにかお力になれるようなことあれば報告させていただきます。とにかく行って治療してよかったです。
妻の両親、姉も感動していました。

ではまた!

2005年 11月 29日


--------------------------------------------------------------------------------


【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その2

2005年の12月3日で帰国1週間が経ちます。
帰ってくると日本は寒い冬になっており、空港に迎えにきてくれていた家族は全員風邪をひいてました。
そんな家族をびっくりさせたのはやはり私の肌の回復でした。

渡米前はいろいろな治療法を試み、最後には小食療法にも手を出しました。
しかし体重が減るばかりでなかなかアトピーも回復せず、健康的に過ごせませんでした。
「これじゃあアトピーが治るか、私の命が尽きるかわからない」ということで一番治納得できる治療を探した結果がアトピーアソシエーションが紹介していたアメリカでの治療でした。

もちろん、ネット上の情報を見ただけではなかなか不信感はぬぐいさわれず、主人と一緒に東京の勉強会に参加しました。説明会ではいろいろと治療法や薬について説明はいただきましたが、営利目的や詐欺という感じが微塵にもしない明石さんに信用がおけました。 ドクターマセソンにおいても同じでまさかご自分の休み時間を削って私たちの診察をされてるとは知りませんでした。彼もまた明石さんと同じやさしい目をしておられます。 アメリカは日本と違って保険制度のない国なので初めてこのHPで治療費を拝見したときにはびっくりしましたが、今まで根も葉もない治療にそれ以上のお金をかけてきた私は「これでアトピーの治療を最後にできるかもしれない」と思って決断しました。

私の中で日本のアトピー治療は全く信用できるものではなくなっていました。 ドクターマセソンはアメリカ人でもなかなか治療してもらえないくらいの高いレベルのお医者様で、人から聞いたところによるとそのお医者様とこの金額を考えてみるとアメリカの医療を知ってらっしゃる人からみるととても安い金額だそうです。 私はとてもいい金額だと思います。これくらいの金額でないと真剣にその治療法や薬を調べたりせずに治療をこころみたりされるんではないでしょうか?もちろん、私も一般的な家庭に生まれ育っているので金額的には悩みましたが、その分いろいろ調べました。

アメリカ滞在中に偶然5年前にアトピーの治療をされ今回、歯の治療にこられた方にお会いできました。その方は元アトピー患者さんだったとはまったく思えないほどのきれいなお肌をされてました。治療途中の私にはとても励みになる体験でした。

アメリカのアドバイザーの方からいろいろお話をお聞きしていると、アトピーに限らず医療に関してアメリカと日本の差に愕然とします。 今回私はアドバイザーの方にいろいろご紹介いただいて、アトピー治療に留まらず歯のホワイトング、ピアスなどもしてきました。本当に快適で楽しいアメリカ滞在でした。

これから1年は自分のセルフケアをしっかりしていくつもりです。 日本のアトピーの方々がこのHPを見て納得した上で渡米、治療をされるのを願って止みません。

関係者の方々には本当にお世話になりました。

ONE OF TWINS

2005年 12月 1日



--------------------------------------------------------------------------------

【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その1


今年の6月にこのホーム ページを見つけて、7月末に出発の決心して、9月に治療を開始して、
今ま た普通どおりに会社にいけるようになりました。
今までいったんひどくなると回復するのに1年はかかっていたの で、こんなに早く良くなってびっくりしました。
しかもこれからは「きちん とケアしていればあんなにひどくなることはないというとこ」そのことが一番う れしいです。
一回茅ヶ崎に行っただけで私に納得のいく説明をしてくださった 明石さん、本当にありがとうございます。
滞在中は高沢さんに本当にお世話になりました。ケアハウスも 思っていた以上に快適でした。
朝ごはんも夕ごはんも作ってもらって部屋のそう じも
してもらって。。。。 夢の様な生活でした。

また、アトピーのこと、アメリカ・日本の医療のことなどなど色んな話を聞いて本当に勉強になりました。
アトピーはしんどくてつらい病気で すが、というかどんな病気もそうですが
いろんな経験もさせてくれます。肌の調 子がいいときはそう思えます(笑)。
学校を休まないといけなかったり、会社を休まないといけなかったりしますが、
今回もいろいろ勉強になったし、とて もいい経験でした。

素敵な時間を過ごさせてくださった高沢さんとドクターに 本当に感謝しています。ありがとうございました。
帰ってから、「治ってよかったね」とか、「どうだった?」と言われた時には、
なるべくどこでどんな治療をしたのか話すようにしています。
またその話のつてで、しんどい思いをしているアトピーの人が
この治療を 知ってくれればいいなと思います。

知っていて行かないのと、知らなくて行けな いのとでは違うと思うので。
もし私にできることなどあればご連絡ください。

それとまだこ れからも自己管理の過程で
いろいろお世話になりますがよろしくお願いします。
では。

2005年11月6日

--------------------------------------------------------------------------------


こんにちは〜!!大変ご無沙汰しちゃってます。お元気ですか?

私は仕事も落ち着いてきたので大学に通ってます。いま一応、3年生です。
体のほうは、かゆみもほとんどなく調子いいですよ。。。
勉強会すっかりご無沙汰してしまって・・・すみません。

やっぱり、私には長年アトピーで苦しんで疑心暗鬼になってる人を根気強く説得でき
るほどの器は無いのかなぁなんて思ってます。こっそり応援してます。。。

ここ最近、やりたい事が次から次へと出てきて困ってます。すべてをちゃんとできればいいのですが・・・なかなか難しいですね。たまーに、あの苦しい時は何だったんだろう?というか不思議な感覚になる時がある
んですけど、明石さんもありますか?

何気ないときに、ふと辛かったこととか思い出したり、でも今は普通に
自由にやりたい事やってるよなぁ〜って思って、でも、この感覚を分かってくれる人もいないしなーっ
て思って終了するんですけど。。。一年ぐらい、あまりにも何もしてないので思い出もなく、
変な空白期間ができっちゃてるみたいでワープしてきたような気分になるときがあります。

明石さんもイロイロ大変そうですけど、お互いがんばりましょーね!
きっとよくなりますよ(ってパクっちゃいましたが・・・ちゃんと読みましたよ。)
何か楽しそうなイベントあったら声かけてくださいね〜!!

2005年9月25日

--------------------------------------------------------------------------------
     

明石様、高沢様

暑い季節で大変かと思いますが元気でお過ごしでしょうか。
こちらもやっと夏らしくなってきたかなと喜んでおります。特に暑い日はポートランドで買ってきたタンクトップが役に立っています。

今日ちょっと感じたことがあったのでメールしました。

今年の3月に、知り合いのアトピーのお子さんを持つお母さんと町内会の会合でたまたま会い、私がひどい状態だったので「どうしたの・・?だいじょうぶ?」と。アメリカで治療して、必ずよくなって帰ってくるからねとお話して、それっきりでした。

大学生のその息子さんは ○○で治療を受けてよくなったと聞いていたのですが、いまはよくない状態らしく親としてつらいとのことでした。実際に私のよくなった状態を見てびっくりしてました。治療のこと、向こうでの生活のこと、こちらのホームページの中を一緒に見たりしていろいろ話しました。

重症のアトピーで苦しんでいる人が身近にたくさんいるんだということをあらためて認識させられた日でした。崖っぷちの状態になる前に、治る手段があることを知ってほしいと思います。

私はラッキーにもここのホームページに出会うことができて治療にこぎつけましたが、情報がなくて困っている人が、自分で思っているよりもたくさんいるのかもしれませんね。

聞きたいといわれたときにはありのままをお話したいと思います。
まだ、完治したわけではありませんが、実際にセルフケア中の私を見てもらうことで、わかりやすいと思います。

ずっと自分だけで精一杯でしたが少しずつ他の人のためにも役にたてる自分になりたいと思う今日この頃でした。


2005年 7月 24日



--------------------------------------------------------------------------------

明石さま
帰国して1週間が経ちました。
インフルエンザにかかったり、初のアレルギー反応がでましたが、
アトピー性皮膚炎はいたって良好です。

年末に偶然こちらのホームページに出会い、渡米する決心をしたものの、これから仕事が大繁忙期に突入することもあって、職場へどう切り出そうか迷いましたが、体力の限界と明石さんの後押しもあって上司に相談、
出発までは大変でしたが、快く?送り出してもらったのでよかったです。

今現在、色々な理由で治療を検討しつつも迷われている方がいらっしゃると
思いますが、1日でも早く治療を開始する方が、心身ともに本当に楽になれますよ。

もし、あのまま日本で頑張っていたとしても入院したのではないかと思います。
そして、これまで同様ステロイドと民間療法のサイクルから抜け出せなかったかもしれません。考えると本当に恐ろしい・・・。

家族や職場の方々に「よくなったねー、綺麗になったね」と言われます。
行く前の本当の皮膚の酷さを彼らは(家族でさえも)知りません。見せたくなかったし、顔だけはまだマシだったから。本当に1ヶ月ちょっとでここまで快復できた喜びと凄さは、自分とドクターたちと高沢さんしかわからないでしょう。本気で感謝しています。っ

しかし、良くなったね!といいつつも「どこそこにアトピーで有名な病院があって入院の予約が2,3ヶ月待ちって新聞に載ってたよ」なんてわざわざ教えてくれる人がいました。
今更なんのために?私に言っているの??だいたいそこの病院知っているし・・・不思議です。

とりあえずは、自分がどんどん肌の調子をあげていくことで周囲の認識も変わってくるのかなと思いますが。
無理をせずぼちぼち頑張りつつも、これまでいっぱい我慢してきたことを楽しみます!

今回の件で知り合うことが出来た皆様とのご縁を大切にしたいですね。
ありがとうございました。
では、またメールします。

2005/02/27

--------------------------------------------------------------------------------

土曜日の夜、彼が帰国し予想以上に綺麗になっていたので家族みんな、本当に驚きました。
渡米前があまりにひどい状態だったので、
せめて夜だけでもゆっくり眠れるようになって帰って来てくれれば・・・
と思っていたのですが、全身つるつるで顔色もよく、まるで別人のようでした。

渡米前は不安も色々ありましたが、治療を受けて本当に良かった・・・。
今までアトピーのせいでたくさんの事を制限され、我慢し続け、
絶望の日々を送って来た彼に、これから思い切り人生を楽しんで欲しいと思っています。
本当にどうもありがとうございました。

一人でも多くのアトピーで苦しんでいる患者さんが、このサイトに辿り付き
正しい治療を受け、幸せな人生を送ることができるよう願っています。

2005/02/14

--------------------------------------------------------------------------------

高沢様、明石様

彼は、定刻より20分早く成田に到着し、6:30頃無事に我が家に帰って参りました。
肌はすっかりきれいになり精神的にも思ったより安定しておりましたので安心致しました。
車の中でも、食事の時にもずっと話しっぱなしで、少々興奮気味でしたが、ポートランド滞在中のことがよくわかりました。こんなに話してくれたのは何ヶ月ぶりでしょうか、、、。

家に帰って、しげしげと顔や首を見つめましたが、あんなに短期間で、これ程きれいに治るなんて、、、。1年近くもあれ程苦しんだのは一体何だったのでしょう。

マセソン先生や高沢様のお陰でございます。改めてアメリカの医療のすばらしさを感じると共に、どうして日本で同じ事ができないのかと本当に残念に思います。
彼も、アメリカで治療して良かったと申しておりますし、私達も行かせて本当に良かったと思っております。親子揃って高沢様にはすっかりご迷惑をおかけしてしまいましたが、これからは自分の身体に責任を持って管理し、ケアしていけるように助けて行きたいと思います。

マセソン先生と高沢様に、心から感謝を申し上げます。どうぞマセソン先生にもこの感謝の気持ちをお伝え下さいませ。ありがとうございました。

2005/01            

--------------------------------------------------------------------------------

明石 様
先日は、お世話になりました。勉強会ではじっくりとお話しを聞く事ができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。

これからゆっくりと本人に、昨日の勉強会での内容を伝えていきたいと思っています。
お互い仕事が忙しく、なかなか話をする時間がないのが辛いところなのですが・・・。
本人も私も今のままでは、悪くなることはあっても良くなることはないだろうと思っ ています。ただ、言葉の通じない遠く離れた外国で治療を受けるということ、高額な治療費がかかるということで、彼も今すぐ決断をくだすことができないでいます。私とし ては、夜も眠れず体中がかゆくて痛くて傷だらけの現状を一日も早くなんとかしてあげ
たいという思いでいっぱいです。今のままでは、本当にゴールの見えないマラソンで、本人もう疲れ果てています・・・。

>>
メールありがとうございます。
お話する内容が、これまでの日本のアトピー常識と全く異なるので おおげさにならないように、かつ正しいアメリカの治療情報を伝えることが できるよう、かみくだいて工夫することがここ数年、私の課題でした。

本を書くことや、資料を作ることでそれらがすこし前進してきたようで 私自身も一安心しています。
私の体験情報が伝わっているというお返事を いただくことがたいへん嬉しく、私に勇気と情熱を与えます。
ありがとうございました。

ご本人さんには、なかなか伝えるのが難しいと思いますが
「アトピーは適切な治療で治すことのできる単に病気である、あなたのせいではない」
「必要以上に我慢したり苦しんだりする事はない」
「治療が必要な自分自身をすこし許してあげること」
「治すことで本来のあなたの才能を開花しよう」
ということを私は元患者として一番伝えたいのです。

>>
今回も本人が東京まで行く事ができ、直接明石さんにお会いすることができれば一番良か ったのですが・・・。
これからも時々質問等をさせていただくかもしれません。その時 はよろしくお願いいたします。
>>
もちろんです。東京以外のみなさまには教材と電話やメールを使う継続的なアドバイスをおすすめしています。
というのは、勉強会に参加していただいるのでおわかりいただけると思いますが
学ぶ情報が大量にあるので、単発の質問への回答ですとかなかな本旨がつたわらないという点があります。
資料を読みながら定期的にステップアップして
私に質問をしていただくととても良いとおもいます。ご本人があせらずにじっくり
学んでいけると良いと思います。
http://www.a-association.com/learn/conslt.html

作業的な点、、
・現在の加入している保険を調べて最大限に活用する準備をすること
・治療後の行政への控除の申請をしらべること
・勤務先の労働保険を調べること
などをすることで費用をすこしでも軽減する工夫は自己責任として大変重要です。
英語についてや、向こうで滞在期間については高沢がしっかりとしますのでご安心ください。
私もクリスマス休暇で行こうと思っていますが、まだ未定です。(超忙!!)
>>
*追伸*
丸ビルのお店、行って来ました(*^-^*) ちょっと高級そうなお店で、緊張してしまいましたが、本当にすごーくおいしかったです!教えていただき、ありがとうございまし た♪奥様にもよろしくお伝えください。
>>
あーよかったですねー座れたのですね。
あんにんとーふもたべましたね?

2004/12/13


--------------------------------------------------------------------------------

1ヶ月くらい連絡しなかったと思いますが、その間の 体調は快調でした。たしかアレルギー注射の連絡をしなかったような気がします。病院に行ったところ、どうやら僕は人との出会い運がいいらしく、看護婦さんに「じゃあアメリカから来た先生に診てもらいましょう。」と言われたときにはさすがに驚きました。日本人の先生だったのですが、やはり向こうと日本の違いや、それぞれの利点、欠点などもご存知で、いい話をしていただきました。

日本の医療のいいところを残してアメリカのいいところを取り入れたらいいのでは?と質問をしたところ、「それをやったらどうなるか、、、そうすると医者が倒れるんです。」と言われました。どうやら、現段階でも国からの医療費用がたりない状態で日本の医療界パンク寸前らしいです。
日本にもそれなりに事情みたいなものがあるんだな〜と思いつつ、先生に注射の資料を読んでもらったところ、技術的には何も問題は無いけれども、もしなにかアクシデントが起きたときに対応できる人間がいないということで、とりあえずは大学病院で注射を打ってもらうことになりました。3回打ってみて何も異常がなければ技術的には全然問題が無いのでかまわないと言われました。

アメリカ人の味覚がおかしいだの何だのと話に花を咲かせつつでしたが、話の分かる先生にめぐり合えて良かったと思います。ちなみに、先生との会話はわりと小声でした。軽く内
緒話してるみたいな感じでした。

明石さんに教えてもらったKEN ISHII聴きましたよ。僕の中でかなりヒットしました。すごいですね〜この人。いままでテクノは聴いたことがなかったのですが
予想以上に良くてびっくりしました。
いままでは基本的にJazz/CrossoverとかHOUSEが混ざったようなオシャレっぽいのがすごい好きだったんですけど、また新しい分野に感動をおぼえることができてかなり嬉しいです。

2004/11/26


--------------------------------------------------------------------------------
式から1ヶ月以上たち生活もほぼ落ち着いてきました。時々、かゆくなることもありますが、その時はぬり薬を3日ぬるとすぐ良くなり、しばらくは薬を使わずにすみます。
マセソン先生の治療を受けたのは、忘れもしない2000年の春だったので、ちょうど4年たちました。肌の調子も良くなり、結婚することもでき本当に良かったなと思います。

ささやかですが、先日戴いたお祝いのお礼の品をお送りします。
これは福岡の桜の名所、秋月と言う所の桜で染めたスカーフです。
使って戴けると嬉しく思います。また、肌のことでなにかありましたら
メールさせて戴きますね。

マセソン先生にくれぐれも宜しくお伝え下さい。

2004/6/26

--------------------------------------------------------------------------------

お久しぶりです。覚えてますか?明石さん結婚されたんですねー!!おめでとうございます!
私も結婚したんですよ〜いひひ。お互い人生のパートナーが出来てよかったですね。
すべてアトピーが治ったから(?)心に余裕ができて人生を楽しく過ごせてますね。
東京事務局大変でしょうが、これからもがんばってくださいね。
何かあれば手伝いますので言ってくださいね。

それでは、また

2004/6/24



--------------------------------------------------------------------------------

治療から2年を経て

同時多発テロが起こったときアメリカで治療中でした。 あの事件が話題になるたびにあの頃の自分の姿を思い出します。 リバウンドで全身の皮がむけてホテルのお部屋を汚し、メイドさんに少し大目のチッ プを置いたことなど、
脱皮を繰り返していた自分に今はちょっと笑えます。

1人目の子を産んでからどんどんアトピーがひどくなり、毎日熱にうなされて育児も 満足に出来なかった自分が、アメリカから帰った後、人生が180度変わりました。
元気になって海へ行ったり山へいったり。人付き合いも積極的になれました。 そして、自然な気持ちでもう1人子供が欲しいなとおもったらそのとおりになりまし た。
1人目は、この子も私のアトピーが遺伝してすごいことになったらどうしようと不安 ばかりでした。
今回はきっと大丈夫と不思議な自信があります。アトピーは良くなるということがわ かっているからです。

すこしでもアトピーで苦しんでいる患者さんの希望になればと、現在の状況をお知ら
せさせていただきました。

2003/11/22

--------------------------------------------------------------------------------

最近は日本はムシムシ暑く今日は34度まで上がるそうです。
息子は調子がよくアトピーと忘れるほどでしたが
汗に弱く、目の周り、額などすぐに赤くポツポツでますが
洗浄綿などですぐ拭くようにしています。
ポツポツ出たときは、エリデルを一回塗ると翌日には消えています!!
息子自身も自覚がでてきて、学校にも洗浄綿持って登校しています。
このように夏を乗り切ればいいのですよね。

2003/6/25 (母、息子さんが同時に治療しました)

--------------------------------------------------------------------------------

お母さんから
娘が大変お世話になり有難うございました。
悩んで悩んでおりました毎日がうその様に笑顔で帰ってまいりました事を喜んでおります。
取り急ぎお礼申し上げます。
(このお手紙と和菓子を送って貰いました。)


--------------------------------------------------------------------------------

息子さんから
報告したいことがあります。
学校なのですが、3年にあがるまでは嫌に感じていましたが
今はまったくそんなことなくなりました(*゜□゜*)
アトピーがだいぶ治ったせいでしょうか?なんか普通にみんなと話せるようになり、
結構友達もできました。おかげで今年の受験はなんとか乗り切れそうです。
本当に高沢さん&マセソン先生、ついでに両親に感謝しています。
ありがとうございます。


--------------------------------------------------------------------------------


お父さんから
 ご無沙汰しておりました。息子が治療を終えて既に2ヶ月過ぎました。その節は大変お世話になりました。アトピーの調子はすこぶるよい状態を保っており、本当にアメリカまで行かせた甲斐があったと思います。学校へはほぼ休まず通っておりますし、生活も規則正しくなっております。 

  また、高沢さんの長男の方の影響が大きいようで、コンピュータに興味を持った様子
で将来はコンピュータを生かした仕事をしたいと、少しながらも自分の将来を考えるようになりました。そして今週からは、受験勉強の為とあれほど好きであったPCを自ら物置に撤去して
勉強モードになっております。自分の目標に対してこれほど前向きになった姿を見るのは初めてであり、驚きと自分の息子ながら頼もしく思えます。
これも全て高沢さん宅にお世話になって治療を行った結果です。


--------------------------------------------------------------------------------


生まれて始めて夢を見ました。いつもかゆくて熟睡することがなかったので、 夢を見たことがなかったのです。その事を母に言うと、母は泣いて喜んでくれました。
(22才男性)


--------------------------------------------------------------------------------

体全体にアトピーがあって、その上足首から下が、爪も浮いて取れそうなくらい、 赤く腫れてすごく痒くてたまりませんでした。マセソン博士に診て戴いたところ、 運動靴に使われている、染料や糊に強く反応していて、運動靴は禁止されましたが、 治療を受けて体全体のアトピーは勿論治り、足もきれいになりました。今は超ミニスカートをはいています。
(19才女性)


--------------------------------------------------------------------------------
 40年間のアトピーで、20年間はステロイドの塗り薬を塗り続けていました。 止めると大変なことになるのは分かっているので、止めることは出来ません。 マセソン博士の治療を受けて、塗り薬を付けるのを止め、 1週間後にリバウンドらしき症状が出ましたが、その時に、又、適切な処置をしてもらい、 その後は、うまく、ステロイドから抜け出すことが出来ました。体はみるみるきれいになったのですが、 顔がきれいになりませんでした。マセソン博士からの、アレルギー検査を受けた所、 ニッケル(金属)アレルギーがあると言う事が分かりました。今では、 出来るだけ、ニッケルに触れないように注意しています。
(40才男性 )
--------------------------------------------------------------------------------

 お化粧をしたいと思ったころから、アトピーのことが嫌で嫌でしかたがありませんでした。 体はいつもむずむず痒く、触るとどこもざらざらで、酷いアトピー患者さんが多いので、 私のアトピーは他の人から見ると軽い方だったと思うのですが、 つるつるでぴかぴかして肌の方を見るとうらやましくてたまりませんでした。 いつも、かさっとした顔をしているので、老けて見られ、髪の生え際が、 だんだん後退していくように思い、毎日が楽しい事なんかありませんでした。 知人の紹介でマセソン博士の治療を受けた今は、つるつるぴかぴかの顔をしていますし、 体も足の裏もつるつるです。髪の生え際は、まだ戻っていませんが、多分戻って来ると確信しています。 私のことで、家の中も暗かったのですが、今は家族と楽しく過ごしています。マセソン博士には感謝しています。
(30才女性 )
--------------------------------------------------------------------------------
 私達はアメリカへ行って治療を受けました。
幼稚園では、白のブラウスに紺のスカート、白のタイツが制服でしたが、
ひざや足首など掻き破るので、いつも血がにじみ、その為、
綿の黒のスパッツを履かせていたので、一人だけ目だっていました。 食事制限もしていたので、家族の食事も玉 子、油、メリケン粉抜きで、 弟達をスイミングに通わせるのも隠れて連れて行き、家も畳や絨毯の部屋を全て、 フローリングにしたりと、孫娘のために、家族全部が、いつもぴりぴりしていました。 しつけをしようにも、痒い為、いつも機嫌が悪く、朝も起きるのが大変で、 幼稚園へ連れて行くのも、一苦労でした。マセソン博士の治療を受けて、 もう5年になりますが、孫娘は自分がアトピーだった事をすっかり忘れています。 心に傷が残る前に治療を受けて本当に良かったと思っています。アメリカから帰る時、 白のタイツを履いて、可愛いドレスを着て帰り、お迎えの人達からは、別人と思われました。
(10才女の子(治療時は5才)の祖母)
--------------------------------------------------------------------------------
 朝おきると、パジャマのままシャワーを浴びないと脱げない程、 体液が出てそれが固まりひっついた状態でした。毎日泣きながらシャワーを浴びていました。 自分だけが、どうしてこんな事になったのだろうと、誰にも言えず自分にこもり、 誰にも会いたくなく、何処へも行きたくなく、死ぬことを考えていました。 家族が、心配して声をかけてくれるのが、嫌でしかたがなかったのです。 アメリカでマセソン博士の治療を受けて来た人を見て、母や父が、 治らないでも良いから、気分転換になるから行っていらっしゃいと言ってくれました。 実は、アトピーのために縁談が破談になった所だったのです。 アメリカでの生活は本当に快適でした。お風呂に入ると、蛇の脱皮のように皮がむけ、 固いところがどんどん柔らかくなるのが分かりました。両親に、電話で、 きれいになって来たと報告したら、きれいになったと言って、気を使わなくても良いから、 ゆっくり出来れば良いのよ。と言う始末で、信用して貰えないほどでした。 それからもう4年たちます。その後結婚して、子供ももうすぐ2歳になります。 時々痒いことはありますが、マセソン博士がおられるので、安心して日々を過ごしています。 マセソン博士、長生きして下さい。(まだお若いですが…)
(32才女性)
--------------------------------------------------------------------------------
 コンピューター関係の仕事で、いつも椅子に座って仕事をしている為、 性器の部分が赤くて痒くて仕方がなかったのですが、人に言うのも嫌で、 ステロイドの塗り薬をこわごわ使っていました。マセソン博士の治療を受けて、 的確なアドバイスとお薬を貰い、今では、すっかり治っています。
(30才男性)


--------------------------------------------------------------------------------
治療後のみなさんのメール待ってます。
みなさんのメールが私たちの活動に勇気と情熱を与えてくれます。どうぞよろしくお願いします。







2009年11月14日
AC(アダルト・チャイルド)という存在があるって聞けてよかったです。
こんばんわ。
初めての講演会でしたが、とても有意義な時間でとても楽しかったです。
インターネットブログ集団の方々にもお会いできましたしw

明石さんにもおっしゃって頂きましたが、本当に状態が良いです。
5月末の最後のショートバーストを機に、肌はどんどん良くなり、夏花粉の時期が終わったらそれらしい症状は出なくなりました。自分でもビックリしています。

アトピーがない生活、本当〜に快適ですね!!
最高です^^


あとAC(アダルト・チャイルド)の事。
聞いていて涙をこらえてました。
お隣の方もそうだったようです。
ACという存在があるって聞けてよかったです。

最後に。
日本に、アトピーが治る術が残っていて良かったです。
アトピーがある人生とない人生では全く違います。
天国と地獄です。
他人を信用することも段々ですが、できてますし。
本当に人生が変わりました。
一日一日が辛くないです。
ただ生きているだけで幸せです。
アトピーが治って、心配する事がなくなって、私は初めて《産まれてきて良かった》って思えるようになりました。
架け橋をしてくださって本当にありがとうございます。




投稿者: ikuaka 日時: 12:40 | パーマリンク

2009年10月30日
感謝の気持ちを伝えたいです。
治療後の声を聞かせてください。
マセソン先生の治療後毎日がどのようにかわりましたか?

投稿ありがとう。そして,シェアありがとうございました。
こころから感謝します。ありがとう。
------------------------------------------------------
もうすっかり秋ですね。
去年ちょうど今頃A-associationでの治療のことを考え始めました。時が経つのは本当に早いですね。渡米治療、色々な意味でハードルはかなり高かったですが、行こうと決意した自分に心から拍手したい気分です。渡米治療なしに、今の自分はありません。もしかしたら、本当に現世にいなかったかもしれません。なにかにつけ、一年前と今の自分を比べると、あまりに世界が違って見えます。

本当は直接お話ししたいのですが、インフルエンザ流行で、息子を保育園に預けることを控えているため自分の時間が無く、お電話もなかなかできません。朝から晩まで元気いっぱいの息子につきあい、へとへとになり、時には愚痴もいいたくなります。でもこれだけどっぷり「ママ」できることは、とても幸せですね。昨年は完全ひきこもりで、公園散歩もかなわない状態でしたから。。。まだ治療中の身ですが、11月の会合のときには御世話になった皆様にしっかり感謝の気持ちを伝えたいです。

そうそう、懸案の手の症状も、たまに出るくらいで、ほとんど消えました。何をしたかというと、水仕事するときに使い捨てのビニール袋をはめることです。しかもこのビニール手袋というのは、かかりつけの歯医者&助手のひとたちが装着してたものでかなりすぐれものです。一目見て「これだ!」と思い、ダメモトで聞いてみたら売ってくれました。感謝感謝です。100枚で1000円弱、お手頃ですよね?なんといっても装着感のよさと、使い捨ての清潔感がいいです。おかげで水仕事で手を傷める心配も激減しました。もう二度とゴム手袋を買うことはないでしょう。もし他の似たような症状でお困りの患者さんのためになるかと思い、メールしてみました。

アトピー撃退してひとつだけ困ったこと、それは体重が増えたことです。
美味しいものをおいしいと感じて食べてるし、たぶん「生きる」ためのエネルギー補給をした結果、だと思います。もともと太りやすい体質でしたが・・・。
アトピー症状が酷かったときは「生きる」気力がなかったので。
でも症状が酷かった時は、体が病と戦うために、何もしなくてもカロリーを消費していたような気もします。食べても食べてもやせていました。
というわけで今、ダイエット中です。

アトピーで苦しむ人が、ちゃんとした治療を受け、減っていくことを祈ってます。

それでは、

投稿者: ikuaka 日時: 11:07 | パーマリンク

2009年10月22日
精神的ストレスからの解放,内から外への解放
治療後の声を聞かせてください。
マセソン先生の治療後毎日がどのようにかわりましたか?

投稿ありがとう。そして,シェアありがとうございました。
精神的ストレスからの解放の体験は
これからの人生物語を支えていきますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まだ、帰国して短期間ではありますが渡米以前と以後に関してお話させていただきたいと思います。
まず、一つは精神的ストレスからの解放だと思います。集中力がない・寝つきが悪い、これらの事は幼少期から見られた現象であるが、とにかく治療前はこれが一番辛かったです。仕事中でも眠気があり、仕事に集中出来ない時が多々ありました。ドクターマセソンの治療を受け、社会(仕事)復帰した際に、若干ではあるか何かに集中できるようになりましたし、眠れるようにもなりました。現状として仕事中に全身が痒くなるという症状が少しづつなくなってきています。
アトピー患者の方なら誰もが経験すると思いますが、どうも日本の治療では納得いかない事が多かったです。長時間待たされた挙句の短時間治療。ステロイド恐怖症の部分があり、渡米以前の2〜3年はステロイドを止めていました。薬は使用法が理解できているようで、理解できていない部分でありました。私は渡米していなかったら一生ステロイドを使わずに治療する手立てを探していたかもしれません。それを考えるだけで少し怖い思いがします。以前は自分の引っ掻きキズの身体を見るのは苦痛でありましたが、帰国後、完治に向けて自分の表面の皮膚を隅々まで見て、プラスティーベース等を塗布し、掻かないように対処しています。
もう一つは内から外への解放であります。私は以前から、視線恐怖がありました。アトピーである事への恐怖感。人から自分の事をまじまじと見られる事に恐怖がありました。相手の心を読める訳でないから、変な目で見られていると感じる事が多々ありました。内に閉じこもって時間が多かったような気がします。帰国後、休日はなるべく外に出かけるようにしています。友人と触れ合う機会も増えたように感じます。渡米すると同時に自分の中で新たな価値観が形成されるようになりました。渡米以前は、痒みで旅にする気にもなれませんでしたし、外に出る勇気がなかったような気がします。
まだ、完治というまではいきませんが、日本ではなしえなかった経験に感謝したいと思います。


投稿者: ikuaka 日時: 10:39 | パーマリンク

2009年10月20日
まだまだ時間がかかると思いますが、今までの強いステロイドから抜け出せ、この治療を受けられた事
治療後の声を聞かせてください。
マセソン先生の治療後毎日がどのようにかわりましたか?

にシェアありがとうございます。ほんとうにみなさんの声から勇気をもらいます。
-----------------------------------------------------------------


ドクターマセソンの治療を受けて3年目に入りました。
1年目は毎月ショートバーストになり、デルタゾンが4錠から1錠になる頃には、全身真っ赤になり痛く、激しい痒みの繰り返しでした。
ステロイド使用暦も長く、初診の時にドクターから「どこまで良くなるかわからない。チャレンジだね」と言われた程です。

アレルギー検査では、大体のものに反応しましたが、特にカビ、ダニは強く反応。
指示された事や考えられる事など、出来る範囲で努力をしましたが、なかなかいい方向には行かない日が続きました。
以前から、基礎体温を測っていて、生理の前後に特に悪化するのが分かっていて、ドクターからもホルモン変化がトリガーの1つだと言われました。

帰国する時に女性はデルタゾンを処方されますが、処方された量では治まらず、ドクターから、ホルモンバランスを安定させるためにピルをすすめられました。
それと生理用にデルタゾンを更に2錠追加で処方されました。
ピルに不安もありましたが、皮膚を落ち着かせたい一心でピルを飲み始めると、生理前の悪化を少し抑えられましたが、やはりデルタゾンを飲まないと辛い状況です。

ショートバーストは2年目から1ヵ月半〜2ヶ月おきになり、3年目の現在は4ヶ月していないので、少しずつですが前に進んでいるのかなと、やっと思えるようになって来ました。
まだまだ時間がかかると思いますが、今までの強いステロイドから抜け出せ、この治療を受けられた事、ドクターを始め、お世話になった方々に感謝しています。

投稿者: ikuaka 日時: 12:21 | パーマリンク

2009年10月14日
生きることってこんなに楽なんですね。
治療後の声を聞かせてください。
マセソン先生の治療後毎日がどのようにかわりましたか?

に投稿ありがとうございます。ほんとうにみなさんの声から勇気をもらいます。
-----------------------------------------------------------------

こんにちわ。
渡米して半年が経ちました。
アレルギーがひどい私は、帰国当初は色んな物に反応しまくりで毎日どうにか対処しながら生活していました。
明石さんにも色々とお世話になりました。
防ダニ布団購入してよかったです。(笑)
帰国して一ヶ月も経たないうちにショートバーストを経験しました。
が、一番の原因だった夏花粉シーズンが終わった辺りから肌がグンと良くなり、今までできなかった色んなことができるようになりました。
夏の旅行・屋外での遊び・夜更かし・食事制限のない生活(特に甘いもの)・プール・友達との外泊などなど・・。
一番調子が悪くなってた夏に色んな事が一気にできるようになり、とても充実した毎日を送る事ができました。

アレルギー注射の方も順調で、打った直後に箇所がポンポンに腫れて一週間くらい痒みが止まらなかったのですが、最近では痒みも腫れも出なくなりました。
鼻も毎日つまっていたのですが、よく通るようになりました。

とにかく普通の人に近づけたのが一番嬉しいです。
生きることってこんなに楽なんですね。
もっと若くに知っていたら早くに治療して20代をエンジョイできたと思うと・・・ちょっと残念ですが(笑)贅沢な後悔ですよね。

私が渡米を望んだ一番のキッカケは子供でした。
結婚して子供を産むことを考えましたが、自分と同じ苦労をする人生を歩むのかと思うとなかなか踏み切れませんでした。
ドクター曰く
発症してないときに妊娠すれば遺伝の確立も少ない
との事でしたので、これからはそれを励みに頑張れます。

真っ暗だった私の未来が明るくなりました。
一時的な快方ではなく、簡単なケアさえ怠らなければこれから一生楽な体で居られるって事がすごく嬉しいです。

幸せな毎日を送っています。


投稿者: ikuaka 日時: 17:37 | パーマリンク

2009年10月05日
マセソン先生の治療後毎日がどのようにかわりましたか?
治療後の声を聞かせてください。
マセソン先生の治療後毎日がどのようにかわりましたか?

に投稿ありがとうございます。許可をいただいたものからこちらに少しずつアップします。毎日の事務局活動の中で時々しんどい時がありますが,ほんとうにみなさんの声から勇気をもらいます。マセソン先生が治療を続けてくださるまでがんばろうと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私が治療を受けたのは、2007年2月でした。

アメリカ滞在の一ヶ月で、大分良くはなりましたが
酷かった足の炎症などは完全には無くならないまま
帰国しました。

帰国後すぐに働き始めたせいもあり、4月には悪化し
ドクターに診察を受けました。
会社内の空気アレルギーのようで、会社に入った瞬間
顔が赤く熱くなるようになってしまい、いい所の皮膚と
悪い部分が地図のようにくっきり分かれてました。

痒みで眠りも浅くなってしまい、マスクなどして過ごし
ましたがあまり効果がなく、空気清浄機を入れたり
早く帰れるときは睡眠をなるべくとるようにしていました。

お風呂のケアも続けていましたが、シャンプーが合わなくなり
色々試して、キュレルに落ち着き、体のほうもバクトロ
ウォッシュ、イソジンウォッシュのみの使用にして徐々に
回復しました。

私は相当治りが遅い方だと思います。肌のダメージが大きかった
所から悪化してしまうので、「良くなった実感」があまり持て
ませんでしたが、2年と半年過ぎた現時点で保湿をプラスチ
ベースから、完全にセタフィルローションに変えてから
急に良くなってきました。
もう一つ、会社のビルが引っ越ししたのも大きかったと思います。

現在は悪かった部分がかさかさしやすいので、まめに保湿
すれば、アレルギーの炎症がほとんど起こらなくなりました。
乾燥から来る痒みはたまにあるのですが、保湿すれば落ち着
きます。(やはり会社の環境?)

個人的に、アトピーの人の中でも乾燥し易い皮膚なのかも
知れませんが、全身しっとりするのは、相当調子の良い時
のみです。ただ保湿のし過ぎは悪化してしまうので加減が
難しいです。

アレルギーの起こる環境から離れる事が、悪化しない条件ですが
一人暮らしで生計を立てている人には、仕事場が悪化原因の場合
が難しいと思います。

ただ、渡米前は10年程まったく働けず、バイトをして凌いでいた
ので、残業があるのが当たり前の仕事場で3年近く働けているのは
やはり治療を受けたおかげだと思います。
ケアの方法がわかることと、悪化時に相談できる相手がいるのは
とても重要だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

投稿者: ikuaka 日時: 14:01 | パーマリンク

2009年07月30日
夏を楽しめる幸せ。
こんにちわ。

おかげさまで夏を楽しめています。
汗をかいてもかゆくなりません。
昼間の暑いさなかでも汗ダクダクで歩けます。
チリチリ赤くなり痒くなってた今までの体がウソみたいです。

ドクターの治療はシンプルだったのに・・日本の医療知識のなさにがっくりです。

渡米直後は肌が敏感でしたが、強くなってまたメイクもできるようになり、浴衣を着
て楽しんでこれました。

ボロボロだった手なんてウソのように普通の肌です。
今では市販のハンドソープで洗っても保湿しなくても平気なくらいになりました。
痒みがない体が不思議で仕方ありません。

来週、プールに挑戦してきます!

体が快適で、生きてるのが幸せです!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは。
すばらしいメールありがとうございました。
夏を楽しめると言うのはほんとうに
すばらしく豊かなことですね。
これまでがんばってきた自分をめいっぱい褒めて,大事な人と
その喜びをわかちあってくださいね。

↓のメールをブログに掲載してもよいですか?
もちろん個人を特定できるような文はのせません。
よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
おはようございます!

ぶろぐ掲載大丈夫です!
よくなるということを多くの方に知ってもらえたらと思います。

私は本当に生まれ変わったようで、アトピーによって人間不信など心がすさんでいましたが、本来の自由奔放な明るい自分に戻りつつあります。アトピーがもんのすごいコンプレックスだったので、それがなくなってからだと心がすごく軽くなりました。別にいつ死んでもいい(夫には申し訳ないけど)と生きてきましたが、生きていてよかったです。親戚の家などに症状があると行きづらかったのですが、平気になりました。昨日なんて一人で行ってきちゃいました。

アトピーだけでなく、心も治療してもらいました。

投稿者: ikuaka 日時: 09:39 | パーマリンク

2009年06月05日
気分はゼンゼン違うものですね。
Sent: Wednesday, June 03, 2009 11:08 PM
To: ejapan
Subject: こんばんは。

明石さん、ご無沙汰しています。
先日アレルギー注射液の注文をして、無事に届きました。
おかげさまで元気に過ごせています。
一年前は、アトピーアソシエーションのこともまだ知らず、
つらい毎日でした。
体調がわりとよい時もありましたが、いつ調子が悪くなるかと不安を抱えていたので、
気持ちがすっきりとすることはなかったように思います。
元気なフリはしていましたが。

今日は、仕事帰りに岩盤浴に寄ってみました。
以前も行ったことはありましたが、かゆみに耐えながらでした。(治療のような気持ちでいました。)
今は、汗がしずくになって流れるので気持ちよく、かゆみもわずかです。
肌がきれいだと、気分はゼンゼン違うものですね。

治療を受けて本当によかったと思いました。
明石さんや、お世話になったみなさんに感謝です!
この調子で、苦手な梅雨も乗り切りたいと思います。
では、明石さんもご多忙と思いますが、がんばってください。

投稿者: ikuaka 日時: 10:52 | パーマリンク

2009年02月06日
するべきことがわかったこと。
ハッピーボイスの投稿をいただきました。

ポートランドに来て28日目。 診察日程もすべて終わり、 あさって帰国します。 症状の改善については、もちろん前進しましたが、 帰国後に「するべきこと」がわかったこと、 そこに一番の幸せを感じています。

この、「するべきこと」は 子供が経験する、「初めての自転車」に 似ていると思います。
自転車は、
前輪が、保湿を中心とした日々のスキンケア
後輪が、トリガー探し

そして、この自転車には
アレルギー注射や、高澤さんや明石さんへの相談、 TACやHCといった塗り薬、
時にショートバースト といった、「補助輪」のサポートがついている

こぎ始めで、まだ要領がつかめず 転んでしまいそうなときには
この「補助輪」が、転倒(=悪化)から守ってくれ
何度かそれを繰り返していくうちに だんだんと、補助輪に頼らず
自力で両輪だけでこいでいけるようになり
どんどん加速して、 発症させないというゴールに到達する

帰国後の「するべきこと」を
私は、そんなイメージで解釈しています。

この両輪は、一見ジミで実に地道だけれど この2つを、実にマジメに、
そして執念深く行うことが 結局は、発症させないというゴールへの近道。

対比して考えるなら、 渡米前に受けていた治療は
症状のトリガー探しもなく、ただ 「ステロイド軟膏を塗る」 というだけの「一輪車」
といったところ。 もちろん補助輪もなく、 これをうまく乗りこなすことは 大変に難しく、
何度も転倒して ゴールの方向さえ わからなくなっていました。

ポートランドでの28日間を振りかえってみると、 ドクターの治療は、高度な医療であり、
本当に鮮やかでした。 でも、それは魔法ではなく、 その大部分が、地道な作業の積み重ねにより成り立っていると感じています。

例えば、ついつい軽くみなしてしまいがちな 20分の入浴や、3分以内の保湿。
これらは鉄則であり、おこたれば、結局は 自分に跳ね返ってくるものであることを自覚し
帰国後も、積み上げ続けていくことが大切だということも学びました。

まだ先は長いかもしれないけれど、 今、とてもすがすがしい気持ちです。
ここまで関わってくださったすべての方に 心からのお礼をお伝えします。


投稿者: ikuaka 日時: 15:18 | パーマリンク

2008年05月12日
どんどんIgEと好酸球の数値が下がって標準値に近くなってきています。
今注射をしていただいている病院で、先生の希望で、念のため毎年血液検査をしたいということで、帰国後毎年1回していたのですが、

どんどんIgEと好酸球の数値が下がって標準値に近くなってきています。

それも、急激にというより、毎年着実に下がっていて、アメリカ治療前は2万8000あったIgE(RIST)が帰国後11702、去年は6035、今年の4月の検査では3600になり、こちらの先生も、このアレルギー治療の効果と副作用が全く無いことに驚いていました。

肌もすごく良くなったと言われます。


症状が出なくなってきていると感じる以上に、体の中でしっかり効いているという結果が出て、とても嬉しかったです。

小さいころからIgEが以上に高く、下がることは不可能と言われていたので、信じられないくらいです。

あらためてアトピーの患者にもアレルギー治療を出来るようにしてくださった、マセソン先生、ベイカー先生、そして日本人に治療の機会を開いてくれた高沢さん、皆さんに感謝の気持ちで一杯です。

本当にありがとうございます。

マセソン先生、ベイカー先生にもよろしくお伝えください。


------------------------------------------------------
掲載許可をいただきましたありがとうございました。

日本オフィス


投稿者: ikuaka 日時: 12:15 | パーマリンク

2008年04月07日
遠くはなれて、乾杯です。
治療後のみなさんの勇気の声をご紹介しています。
みなさんのメールが私たちの活動に勇気と情熱を与えてくれます。

「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」

バックナンバーはこちらです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  投稿:その15

それから、セタフィルと同じような石鹸の完成・・・おめでとうございます。
メールは明石さんが、ご自由に、お使いくださって結構です。
アトピーで苦しんで、藁にもすがりたい思いをしている人たちが、きちんとした、正しい治療で苦しみから抜け出せるお手伝いが、少しでもできるならば、こちらこそ嬉しいです。

明石さん・・お忙しいとは思いますが、お体気をつけてください。
それでは・・・また・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・とてもとてもうれしいです。

そして何より○○くんの順調な経過とてもうれしく私もこの活動を続けてよかったなと勇気をもらいました。そしてそして,オレゴン州への留学の決定おめでとうございます。
ほんとうによかったですね。これからが楽しみですね。私ももっと若いうちに治していれば留学を,,,。などと考えてうらやましくも思います。

昨年の10月にドクターが東京に来られた時に
○○くんに会いました。会場のお手伝いもしてもらいとても助かりました。

ご家族で○○くんのがんばりをたっぷりほめてあげてください。私もほんとうに誇りに思います。週末にいただいたワインで茅ヶ崎から乾杯します。

これからもご家族仲よくお元気でお過ごしください。ありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Subject: こんにちわ・・・明石さん
ご無沙汰しております・・・・
2006年にアメリカで治療した○○の母です。

あれから、1年と9ヶ月経ちました。
去年の今頃は、ショートバースト・・・ショートバーストで、本当に、ショートバーストとさよならできる日がくるのかしら・・・・とすごく不安の日々でした。

そして・・・昨日、正式に○○のアメリカ留学が決まりました。

○○大学で、オレゴン州の○○大学(名前・・間違ってるかも)に推薦していただき、5月下旬から来年の3月まで、留学することになりました。

こんな日が来るとは、思ってもいませんでした。アトピーの治療にアメリカに行くなんて気はない!!って明石さんに会うまで言ってたんですから・・・・・。

治療の説明を聞きに茅ヶ崎に行った日のことは一生忘れられません。
サーフボード片手に、自転車に乗ってる人を見た驚き。ほんとビックリしました。皆さんとランチしたカフェ。
アメリカまで治療に行くか、どうしようか、家族で帰りに話し合った、茅ヶ崎駅前のすっごく安くて、狭い中華屋さん。
 
治療を決めてから、アメリカ出発までの約1ヶ月間のまちどうしかったこと・・・などなど・・・。

今はやっと、治療費が少なくなり、一切治療費がかからない月もあるようになりました。
○○は今バイトしていて、実家のほうにはめったに帰ってこないので、どれほど良くなったのか、私にはわかりませんが、あの地獄からは 完全に脱出できました。留学費用のため、がんばってバイトしてるみたいです。留学に関しては、何もかも、一人でがんばってます。我が息子ながら、よくがんばたなーと思います。

本当にありがとうございました。
明石さんに出会えた事が、○○の人生の大きな転機になったとおもいます。
私や主人も、幸せになりました。

高沢さんやドクター、アトピーの治療にかかわってくださった皆様に感謝です。

本当にありがとうございました。

ワインを送らせてください。
本当はお会いして、一緒に飲みたいところですが・・・遠くはなれて、乾杯です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(メールは許可をいただいて掲載させていただきました。)





posted by AA-J at 15:27| ★ハッピーボイス