pop2.jpg

2015年07月22日

今思うことは・・・私はアトピーなんて言う難病ではなかった。ただ単に皮膚や粘膜が過敏なタイプで、アレルギーがあるだけで、トリガー(ダニカビホコリ)除去など日常生活に気をつけ、スキンケアをしっかりとするだけで、心身ともに健康に暮らせる普通の人だということを知りました。

明石さん、こんにちは。早いもので今年も半分終わりましたね。先ほど2回目のアレルギー注射液の注文をしました、そして、結婚式から1か月経ちました。

昨年3月チームに参加し、帰国早々婚活開始、4か月の活動で8月に夫と出逢い、交際8か月で入籍と引っ越し、翌月結婚式と怒涛のようなこの数か月でした。痒みから解放されて毎晩よく眠れるので、風邪もひかずに元気に新婚生活を満喫しております。

「渡米治療から帰ったら何したいですか?」とスカイプ相談で聞かれ、両親の前でしたが憚らず、「結婚したいです」とお伝えしましたね。相手もいないのに(笑)。

25歳で再発し大爆発して、さらに30歳で脱ステして以来ここ数年は特にひどく、全身の皮膚がボロボロでただれ、明け方まで掻き毟っているため常に寝不足、昼夜逆転、特に顔と手指がひどく人目が気になって外に出るのも苦痛で対人恐怖症気味、うつ状態にもなっていましたから、結婚も出産も親孝行も諦めていた私でした。正直両親をはじめ家族も、私の将来を憂いていたようです。

帰国後はメキメキ改善して、今はお肌ツルツルスベスベで、スキンケアは保湿剤だけで済んでいます。夏になって、あせもで痒くなったりもしますので、時々ブリーチバスに入ってサッパリしています。生理の時だけ若干痒みが出て寝ていて掻いてしまうらしく、これまで2回ほど夫に手を掴まれて、「大丈夫〜?」と言われたことがありました(笑)。夫が止めてくれるおかげで、ひどい傷になることなく助かります。

夫も過去に喘息だったり、今もアレルギー体質でホコリに弱くてすぐ鼻炎になるため、互いに思いやることができてありがたいです。新居を探す時も、オールフローリングに大賛成してくれましたし、私の洗濯物は外に干さないとか、月に1度の鼻の薬、エアコン選び、空気清浄機を常に作動しフィルターのこまめな掃除などの実践に理解を示してくれて協力してくれます。

肌はしっとりでも長年の色素沈着がひどかったので、ウェディングドレス選びも大変かと思いましたが、デコルテや首元の隠れるノースリーブのとてもステキなのが見つかり、ベールやお色直しではボレロを羽織るなどもして、全然気にならなかったと母に言われましたし、実際自分でも全然気になりませんでした。メイクは普段使っている資生堂等で、プロの腕で大満足の仕上がりにして頂きました。みじめに下ばかり向いていた過去とは打って変わって、当日はホテルのあちこちで知らない人たちからも「ステキ〜」「キレイ〜」となかなか聞くことのできない歓声を受けて、お姫様になったようで一生に一度の最高の気分でした(笑)。

治療の先輩や友人たちからは、「シンデレラストーリーだ」と仰っていただきました。自分でも、ジェットコースターのようだった昨年と今年の変化に、いまだに夢じゃないかと思ってしまうほど、今幸せです。治療や、恋愛や結婚に踏み切れない人がいらっしゃいましたら、どうぞ勇気を出して、とっとと治して一日も早く幸せになっていただきたいです☆

今思うことは・・・私はアトピーなんて言う難病ではなかった。ただ単に皮膚や粘膜が過敏なタイプで、アレルギーがあるだけで、トリガー(ダニカビホコリ)除去など日常生活に気をつけ、スキンケアをしっかりとするだけで、心身ともに健康に暮らせる普通の人だということを知りました。再発してから闘病13,4年ほどして、その間うつ病も2度したり、廃人のように過ごした日々もありました。散々回り道をして、時間を無駄にした気もしますが、渡米治療をきっかけに改善し、素晴らしい男性と巡り合って40歳手前で結婚することができましたので、そういう運命だったのかなと思います。

渡米治療で私を苦しめていたものの正体と対処法を知ってしまえば、過去にあちこちの皮膚科や大学病院、アトピー改善サロンや北の果ての温泉等でさんざん全く効果がないことをやらされてきて、体質改善とか食事制限とか、体の中の悪いものが出ているのだから、それが出きらないと治らないとか、心が変われば治る等の人格否定や、自律神経が整えば治るから早起きしろとか、掻き癖を直せばよくなるから腕を縛って寝ろとか、アトピー経験者じゃない人たちからの全くのウソばかりに翻弄されてきたこれまでの私と家族の貴重な時間、そして青春時代と、父が一生懸命働いて稼いでくれたお金を返してもらいたい、悔しい気持ちでいっぱいになります。

この改善方法がもっとメジャーになって、大人だけでなく、お子さんやそのお母さんを含め、同じように痒みや痛みだけでなく理不尽な目にあって精神的また経済的に苦しんでいる方々が、私のようにあっという間に救われて、一日も早く人生を再スタートすることができたらいいのにと思います。写真等の資料や情報の提供等、何か私にできることがありましたら、ご連絡ください。治療から現在までの経過に関するブログは細々とやっておりますので、どなたか必要な方の参考になりましたら幸いです。

長くなりまして、申し訳ありません。どうぞお元気で、またそのうち夫とともにお会いできましたらと思います。

posted by AA-J at 10:11| ★ハッピーボイス

2015年07月02日

ドクターマセソンアトピー治療滞在ケアホーム ゲストブック3 ハッピーボイス!

ドクターマセソンアトピー治療滞在ケアホームにあるゲストブックより、お書きいただいた方にご許可をいただいたページをアップさせていただきます。その3

gestbook3.jpg


シェア心より感謝申し上げます。
posted by AA-J at 15:21| ★ハッピーボイス

2015年06月30日

ドクターマセソンアトピー治療滞在ケアホーム ゲストブック2 ハッピーボイス!

ドクターマセソンアトピー治療滞在ケアホームにあるゲストブックより、お書きいただいた方にご許可をいただいたページをアップさせていただきます。その2

osawa gestbook.jpg


こころより感謝いたします。
posted by AA-J at 14:36| ★ハッピーボイス

2015年06月16日

ドクターマセソンアトピー治療滞在ケアホーム ゲストブックより ハッピーボイス!

ドクターマセソンアトピー治療滞在ケアホームにあるゲストブックより、お書きいただいた方にご許可をいただいたページをアップさせていただきます。

01.jpg
01.jpg

こころより感謝申し上げます。6.16.2015

--

2015年5月チーム治療滞在のご許可いただいたお写真です。

070515 bistroKOHEI a.JPG

051215 Yukihiko.S.JPG


チームのみなさんのシェアに感謝します。

posted by AA-J at 15:23| ★ハッピーボイス

2015年04月07日

人生を楽しめる方が増えるといいと思います。

アレルギー注射を打たれている先輩患者さんに、病院情報をシェアしていただきました。ほんとうにありがとうございます。感謝です。

ーー
本日、注射の日でしたので、先生にお話しておきました。

帰国して1年、渡米できて本当に良かったとしみじみ実感します。
渡米前とは、見える景色もかわりました。
人間関係もなんだか静か?
ひとの話を聴いたらパワーがでたり⁈

ーーー




posted by AA-J at 15:08| ★ハッピーボイス

2014年07月02日

質の高い治療を受けれたことに日々感謝しています。

明石さん 奈美子さん こうへいさん 関係者の皆さま 
お久しぶりです & お世話になっております。
お久しぶりです。 お元気ですか?

早いもので帰国して1年3カ月経ちました。
深刻だった頭皮や 10種類以上の軟膏塗布の後 ガーゼで全身をおおう
前の皮膚科をやめて この質の高い治療を受けれたことに 日々感謝しています。

手の治りに 悪戦苦闘していますが、それ以外では かなり肌がつよくなったようで、
今年の夏は始まったばかりですが、 わきの下 ひざ裏等 トラブルがかなり減り
スキンケアが楽になりました。 でも夏本番はこれからなので 調子に乗らないよう、声をかけています。

本人の治療への知識、理解を高める努力は なかなか思ったように
いきませんが でも少しづづ身についてきた部分もあります。
お友達とのお風呂は 感染を避けるために 自分からやめたときがありました。
2年後に 修学旅行があるので クラスメートと入浴しても良いくらいに
なっていれば もっと楽しい宿泊になるでしょうね〜

写真も 迷惑かもしれませんが送ります。
Dr.Baker Dr.Matheson 他 関係者の方にも みていただけたら 嬉しいです。

家族一同より


posted by AA-J at 16:09| Comment(0) | ★ハッピーボイス

2014年03月07日

アトピーも単純に適切な医療が必要だっただけだと思い知りました。これからアトピーではない人生を楽しんでいこうと思います



2013/3月チームです。帰国して1週間が過ぎました。皮膚はすべすべでお風呂のとき裸になると両手でさすってしまいます(笑)。ただ湿疹が治ったのではなく、皮膚の質が変わりました。会社の人間も、家族も親戚も驚いています。

アメリカ滞在中は2度ショートバーストというかデルタゾン内服を行いました。ただ、その使い方が絶妙なのが自分の体でわかりました。一度目は初日4錠、2日目3錠、3日目2錠、4日目2錠。2度目は初日2錠、2日目1錠、3日目1錠。ここまで状況によって薬の量が違うのかとびっくりしました。しかし、2回ともびたっと体が楽になりました。マセソン先生は、長期のステロイド使用は駄目なんだよみたいなことをおっしゃったので、僕は日本で飲みませんでしたが長期にセレスタミンを飲むように言われたことを話したら、首を振りながら、ステロイドの効果の話を日本の医者に話しても、全く理解してない医者がいると言っていました。

 滞在中、何度もジョギングをして汗がトリガーである事を確信しました。どうやら50分以上運動すると湿疹が出るようです。マセソン先生に運動を40分で終わらせる事は可能かと聞かれ、全っ然大丈夫と答えました(笑)。
後半は奈美子さんにダウンタウンに連れてってもらったり、コウヘイさんとスキーに行ったり、患者たちで毎日酒盛りしたり、二日酔いで苦しんだり、和食が恋しくなり納豆、梅干し、日本酒を買いに行ったり、、、そんな感じでした。また日本に戻ったらぶり返してしまうのではと心配しましたが、今のところタック(ステロイド軟膏)も一週間に2度、予防的に右肩の一部に塗るだけです。過去にやってきた民間療法と違い、結果が伴うのでセルフケアもがぜんやる気が出ます(笑)。今思うと、何ですか?好転反応って!!(怒)

 この治療を去年受けたダスキンの方にたまたまケアホームでお会いして、掃除のイロハを教わりました。掃除機が意味のないこと(見えない埃を意識することが大事で、掃除機は埃を舞い上げてしまいほとんど除去できないこと)はショックでした。部屋中のカビ・埃・エアコンを業者にリセットしてもらい、嫁さんは掃除機を使わず、専用モップで掃除しています。重い掃除機を引きずりまわして掃除するよりはるかに楽らしく喜んでいます。会社のエアコンもリセットし、会社の掃除もダスキンモップです。

 これからいままで行っていた皮膚科に、どうだと体を見せつつ、注射の相談をしてきます。もし断られたら例の西日暮里に行こうと思います。
 がんも歯医者も日本は相当遅れていると聞いてきました。アトピーも単純に適切な医療が必要だっただけだと思い知りました。これからアトピーではない人生を楽しんでいこうと思います(景気も良くなりそうだし)。

最後に、僕がこの治療を受けるに当たり、明石さん、奈美子さん、コウヘイさん、マセソン先生、マセソン先生をジャングルで心臓発作から救ってくれたお医者さん(死にかけたらしいです)、誰一人欠けても僕が治療を受けれなかった事を考えると、不思議でもあり、ただ感謝で、ありがとう。
 僕もマセソン先生のいち患者として、情報シェアなどで協力していきたいと思いま
す。何かあれば遠慮なく言ってください。

ーーーー

ハッピーボイスありがとうございました。
とても嬉しく勇気が湧きます。
私も14年前同じ体験を経てこの活動を続けて来ました。
が、もろもろでときどきへこみます。(^^ゞ
ほんとうにありがとうございます。

そして治療が無事に終わられ何よりです。
まずは注射をお願いしますね

そしてこれからいろいろ変化があると思いますので
約1年間ケアをごいっしょにできればとおもいます。
時間のあると気に進捗をおきかせくださいね

取り急ぎ
お礼と感謝

明石郁生
                                 
      

posted by AA-J at 09:12| ★ハッピーボイス

2013年06月14日

これからもっと肌がよくなっていくのが楽しみで仕方ありません♪

2013年5月チームで治療しました。出発前はことごとく炎症を起こし、真っ赤になって、白い粉をボロボロ落としてた私の肌。そんな肌から、赤みや傷が消え、モチモチとした感触を取り戻してます。箇所によってはアトピーってわからないくらい改善しました。出発前、明石さんに「楽しんできてくださいね!」と言われて、「何が楽しめやねん!この状況で楽しめるかー!」と思ってた私ですが(明石さん、本当にすみません…)、滞在して数日もすれば、ピンピンしてポートランドでの生活を楽しんでました。帰国後の今も、もちろん、痒くなることはあるし、湿疹が起こることもある。めっちゃ憎らしいけど(苦笑)、対処法はもちろん、原因もおおよそ特定できてるので、前のように不安はありません。アトピーといっしょに苦しんでいたひどい肩こりも不眠もどこへやら?辛いことばっか考えてた頭の中も、まるでお花畑です(笑)。本当に行ってよかった!今、心からそう感じてます。

アメリカ治療に踏み切ったきっかけは夫が作ってくれました。もともと少し前からこの治療の存在を知ってはいて、興味もありました。だけど、お金がかかるみたいだし、仕事を休むことも難しいし、何より“アメリカ”って響きが自分には仰々しいなぁ、家族に言っても驚かれるやろな、自分には縁のないものや、と勝手にあきらめてました。

夫は夫で私の状況を見て、アトピーについてネットでいろいろ調べ、そんな中でこの渡米治療を知ったようでした。「アメリカに行って、向こうの先生にかかって、アトピーを治す方法があるんだって。一度、こういう治療も考えてみたら?ブログを書いてる人もいるし、読んでみて」と言ってくれて。そのとき「あ、アメリカとか行っていいんや〜」と。とても驚いたのと同時に、なんだかホッとしたのを覚えてます。それから、アトピーアソシーエションのHPを熟読し、元患者さんのブログをいろいろあたり、調べに調べて(笑)。とりあえず、3月の勉強会に行こうと夫と2人で出向き、その日には5月に出発することを決めました。

あれだけ休めないと思っていた仕事も(当初は退職するつもりでした)、会社の恩情により、2カ月のお休みをいただけることになりました。まぁ、休むことが正式に決まるまでは「本当にアメリカって大丈夫なの?強い薬を出すんじゃないの?ちゃんと治って、会社に戻れるの?」など、あれやこれや言われましたが、滞在中の終盤、治療が好調で大きな効果が出てることを何人かの上司にメールしたら「思い切って日本を出てよかったね!」「復帰のことは心配せずに、ゆっくり休んで!」なんて、素敵な言葉をいただきました(笑)。とにかく動けば結果は出るものですね♪

私は現在、32歳。0歳からアトピーだったので、もう少し早く行くことができたら、もっとよかったのかもしれないけど、特に20代は楽しく忙しく過ごしてきたので、今のタイミングがベストだったと感じてます。だけど、この治療を検討してる人がいたら、こう言いたい。今です!と。この情報に触れた今が、治療の踏み切りどきです。マセソン先生がいつまで現役でいてくれるのかもわかりません。それもあります。だけど、何より「これで治るかな」「やっぱりダメだった」「痒い痒い痒い!」「もうダメ。死にたいな」「痒すぎて、眠れない」「なんで私だけが辛い思いをしないといけないの?」「このままずっとこの状態なのかな?」。もう、こんな絶望的な思いに駆られなくていいのです。

アメリカでは、適切な治療が行われました。日本は何もかも最先端、そんな風に思ってた私は井の中の蛙だったなぁと思い知りました。アトピーは原因不明の病気ではない。アメリカではそれがよくわかったのです。治療だけではありません。日常的なスキンケア方法、トリガー(悪化の原因)の特定、普段の生活で気をつけることなど、細かすぎて書ききられんわ!ってくらい(笑)、すみずみまでいろんなことを教わりました。いわば、この一カ月は「アトピー治療と自分の肌をよく知るための渡米留学」。よく日本でも“アトピーと上手に付き合うことが大事”なんて言われますが、私は32にして、その本当のやり方をアメリカで知りました。これまで日本ではただ薬をポンと渡されてきただけで、具体的な方法を教えてくれた人はいませんでした。

私はまだまだピカピカの一年生。強化合宿から帰って来たばかりで、これからが正念場だと思ってます。2週に一度のアレルギー注射、毎日のセルフケアやお掃除をはじめとしたトリガー除去など、やることはいろいろあります。だけど、結果が出るのがわかってるから、やりがいがある。強力なサポートもついてる。とにもかくにも、これからもっと肌がよくなっていくのが楽しみで仕方ありません♪

私の場合、パートナーの一声があって、治療に踏み切れました。これはとても恵まれてることで、この治療に興味のある人の中には、家族に言い出せなかったり、言い出しても反対される人がいるかと思います。だから、できればこの体験談を家族の人にも読んでほしい。そして、できるだけ当人と家族がいっしょになって、アメリカの治療がどんなものであるのかを、知ってもらいたいです。この治療には家族の実務的なサポートが必要だし、家族の支えがあるこということは、本人にとってとても大きな励みになります。

今、夫は私の肌の状態を見て、すごく喜んでくれてます。アメリカ滞在中、日本で彼がトリガー除去のための部屋作りを頑張ってくれたおかげで、帰国後も快適に暮らしてます。家の改革をいろいろしたおかげで、本人も暮らしやすくなったと喜んでます。この人のことは一生、幸せにせんと!と思う毎日です(笑)。これもアトピー治療がきっかけ。アトピーだって悪いことばかりではありませんね!

最後になりましたが、マセソン先生、ベーカー先生、ベーカー先生のところのスタッフさん、奈美子さん、晃平さん、明石さん、ルネ、アリーシャ、リオ、フリオ。本当にお世話になりました! ポートランドでの生活は、アトピーに関すること以外にも、将来のこと、文化のこと、国のこと、自分のこと、たくさんの考えるきっかけを私に与えてくれました。イベントの中では、特に最後のバーベキューパーティが最高だった♪ 思い出は全部、一生忘れません。ドクターや奈美子さん、明石さんにはきっとこれからもお世話になりますので、よろしくお願いします!





posted by AA-J at 15:23| ★ハッピーボイス

2013年03月21日

わたしもそのご恩に対してお返ししていきたいです。

明石さん
今日は(ワークショップ)参加できて良かったです。
また次も参加したいと思います。
明石さんの活動によりわたしはこんなに生活が楽になって人生が変わってきているので、わたしもそのご恩に対してお返ししていきたいです。
ようやく参加できる気持ちになってきたので、これからもどうぞ宜しくお願いします。


感謝です。
明石
posted by AA-J at 18:39| ★ハッピーボイス

2013年02月05日

喜びの声:リバウンドって本当にコントロール出来るんですね

おはようございます、明石さん。

延長ナシの予定通り日本に帰ります。
ホントに体楽でした!!
リバウンドって本当にコントロール出来るんですね、
日本では考えられないことです。

先週はダウンタウンに行ったり滝に行ったり
エッジフィールドに行ったりと遊び倒しました。
それもとうとう終わりです。

日本に帰ればすぐに会社に復帰するんで
それでぶり返すんじゃ〜ないかって不安もあります。
とにかく帰ったら今まで使っていた薬は
全部捨てて家の大掃除をやります!

ドクターが治療を終了されるまでに多くのアトピー患者さんが
この治療に巡り合えることを心より願っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールありがとうございました。
まずは無事に治療がすすまれたことを
こころより嬉しく思います。

帰国後、アレルギー注射の病院を確保して
くださいね。
ゆっくりとスカイプで約1年間ケアしていきましょう。

あかし

posted by AA-J at 15:21| ★ハッピーボイス

2012年01月09日

私も頑張ります。

明石さん

あけましておめでとうございます。
昨年は講演会でお会いできて嬉しかったです。
今年もまたどうぞよろしくお願いいたします。

日本の皮膚科ドクターの皆さまと新しい形で支援を行っていかれる座組み、
本当によくここまで頑張ってこられたなあと頭が下がる思いです。

もうすぐ1月チーム渡米でお忙しいかと思いますが、
年末年始、落ち着いて過ごされたでしょうか???

毎回、悩みの深い患者さんに会ってそれぞれアメリカまで送り出すのは、
とても気力のいる作業かと思います。

私のほうは、おかげさまで体調面では問題はなく、たまーにアレルギーがでてくるくらいです。これから先の粉シーズンはちょっと心配ですが。

新しい事もどんどん始まる年ですから、
明石さんにとって素晴らしい年になりますように。

私も頑張ります。

それでは、また。

posted by AA-J at 15:05| ★ハッピーボイス

2011年10月18日

アトピー患者の心的外傷への接近 

明石さん

「アトピー患者の心的外傷への接近」資料読みました。外的な治療と同様に、自分のいままで、そして現在の生き方や性格にOKを出してくれる存在は、治療を受けるにあたり、また、受けたあとの人生にもとても大切なものだと思います。心理療法は不可欠であると思いますし、特に潜伏期間が長かった人ほど必要でしょう。
posted by AA-J at 14:16| ★ハッピーボイス

2011年09月28日

これって進歩なのかな?

明石さま

御無沙汰しています。治療を受けてから2年が経過しました。

明石さんのブログの4/26付の記事を拝見しました。

治療前の辛かった時にも目にした文章でした。あの時は、ぼろぼろ泣きじゃくりながら、ヒーヒー言いながら読んでいたことを思い出しました。

2年経っていろんなことができるようになり、辛かった過去のことなんてもうすっか
り忘れてしまったかと思っていたのですが、やっぱり最初の数行で、涙が止まらなくなりました。忘れているわけがないですね。あんなに辛かったことを。
でも忘れてしまいそうなくらい、今は元気に過ごせています。

今年に入ってからも、相変わらず一部に炎症はありますが、、、薬を塗る回数も減ったかな?って思います。

ドクターに良くなったら大丈夫と言われていたので、光脱毛を始めてしまいました。
今のところ問題ないので嬉しいです。

アレルギー治療も、きっちり2週間とはいかないのですが(^^;)、づっと続けてこれ
ました。今年の花粉量はさすがにきつく、毎日薬が必要でしたが、目が痒くなることが無くなりました。

これって進歩なのかな?

でもまだあと1年以上は続けたほうがいいと思うので、気長に頑張りますね。

以上、
また何か変化があったら報告します。
これからもよろしくお願いします。

P.S.
これから夏の汗に負けないように気をつけて過ごします!

posted by AA-J at 10:41| Comment(0) | ★ハッピーボイス

2011年09月21日

ありがとう

12歳のアトピー発症以来、私は人と正面から向き合うことを避けていました。そればかりか、自分と向き合うことすらままならない人生を送ってきました。それが昨年11月のマセソン先生との出会いをきっかけに、全てが好転し、まるで生まれ変わったような気がしています。

私がアトピーを発症したのは4年半に渡るアメリカ生活を終えて日本に帰国した頃でした。最初は頬や額のムズムズとした痒みから始まり、段々とその範囲が広がっていきました。思春期ということもあり、患部の赤みが気になってなかなか学業に集中できなかったのを覚えています。それでも、中学校では部活と生徒会に打ち込み充実した生活を送ることができました。
最も苦しかったのは高校生の頃です。自意識過剰に磨きがかかり、まともに人の目を見て話すこともできずとても辛かったことを覚えています。特に女の子とまともに話した記憶がありません。中学でやっていた陸上を高校でも続けていましたが、2年生の冬には辞めてしまいました。本当の気持ちを抑圧して人と向き合わないことでストレスは鬱積してゆき、やがて私は孤立しました。近しい友人は何人かいましたが、アトピーの悩みは打ち明けることができませんでした。表面的に取り繕うだけの私に級友たちは呆れ、次第に離れて行きました。学校に私の居場所がなかったので、登校するふりをしてサボっていました。家に帰ればそのことで親と口論になり、毎晩喧嘩をしました。「こんな人達と暮らしているから辛いんだ。大学に行けば何か変わるはずだ」という、根拠のない願望にすがりながら何とか高校を卒業しました。

大学入学からほどなくして私の期待は打ち砕かれました。憧れた一人暮らしは初めてのことの連続で、食事のバランスが偏り、生活のリズムも不規則になってアトピーの症状はさらに悪化しました。環境は長野にいた頃から大きく変化したものの、悩みの根本は何一つ解決されないままでした。顔のひび割れや炎症が顕著な時は鏡の前で硬直したまま一歩も家の外にでることができず、最初の一年間で取得できた単位はわずか半分余り。二年目の春には「今年こそは」というまたしても無根拠な意気込みに満ちていたのですが、ひと月して挫折し、不登校になりました。

私をここまで悩ませたのは私自身の「こうでなきゃいけない」といったプライド、「肌がただれていたら気持ち悪いと思わるのではないか」という不安でした。もっと言うと、症状の度合いよりも自分が他者の目にどう映っているのかということが気になって仕方がなかったのです。私は自分の症状が軽度であることを自覚していました。それ故に辛さを訴えても相手に伝わらなかったり、重度のアトピー患者を引き合いに出されて自分の悩みを矮小化されたりしました。私はそのことに落胆し、感情が振り回される自分の心の弱さに怒りを覚えました。
「もう耐えられない、終わりにしてしまおう」と思ってある日父親にメールを送ったところ、心の叫びが届き、全力で支援してくれるようになりました。従来の治療以外に、精神療法、針治療、漢方など数々の療法を試みましたが、成果はなく、オレゴンでの治療を決意しました。この治療に対して懐疑的だった父を説得するのは骨が折れましたが、今の体調を考えると本当に良い選択だったなと思っています。

私はこの春2年ぶりに大学に復学し、キャンパスライフを全うしています。アパートの部屋に引きこもっていた時はあんなに遠く感じていた校舎ですが、今では夏季休業中も足しげく通い、学業に励んでいます。かつては考えられなかったような課外活動にも自発的に参加し見聞を広げています。今の充実した毎日はオレゴンのドクター、明石さん、高澤さん、そして父のサポートなしにはあり得ません。本当にありがとう。アトピーに感謝できる日もそう遠くない気がしています。


2011年9月6日
posted by AA-J at 12:19| Comment(0) | ★ハッピーボイス

2011年09月06日

励ましのお便りありがとうございます。

治療後のみなさん,そしてご家族のみなさん
いつも励ましのお便りありがとうございます。
とても勇気付けられます。

PRすればアトピービジネスといっしょにされますし,
しかし、新規の患者さんがいないと活動自体が
なりたたないというジレンマでときどき
へこむこともありますが,自分を信じて
なんとか続けていきたいと思っております。

本来,人生の物語りとは矛盾を抱えているから味わい深いの
かもしれません。今朝は一転して素晴らしい空の
湘南です。嵐のあとの富士山が美しいです。

ありがとうございました。
感謝を込めて。

明石郁生



posted by AA-J at 12:45| Comment(0) | ★ハッピーボイス

2011年08月31日

有益な新しい情報を共有できるのはいいですよね。

もう十年以上前になりますが、Dr.Mathesonに診察していただき、その後もアメリカの高沢様から、薬をいろいろ送っていただきながら、治療をしておりました。その節はDr.Mathesonをはじめ、皆様には大変お世話になりありがとうございました。

その後、おかげさまで、子育ても楽になってきて、幼稚園通園のために朝早くから忙しい日々、(かつ体をよく動かしていたのかもしれません)を送っておりますうちに、アトピーもずいぶんと軽快しておりました。

最近は年齢のため体質がかわりつつあるのか(傷もなおりにくくなったような。。。)、運動不足のせいか、またアトピーの症状がでたりしております。

このような体質ですので、敏感肌用の化粧品やシャンプーにしていたのですが(アクセーヌ等)、長年使用するうちにあわなくなってきて、あうものがあんまりないのです。ついに化粧水もあわなくて、近所の皮膚科の先生にいただく、ヘパリン類似物質のローション」ならやっとつけられる状態で、シャンプーにも困っておりまして、あの時、先生に出していただいたP&S Shampooはよかったのを思いだし、日本で買えないか探してみたのですが、ないようですので、もしこちらを通じて購入できるようでしたらお願いしたく思っておりますが、いかがでしょうか?

日本でこのような会を立ちあげていらっしゃるのを、初めて知りました。アトピーとはなかなか縁がきれずに、向き合って自分の生活をコントロールしなければいけない方がたくさんいらっしゃると思います。

Dr.にお会いして十年経ちましたが、日本の皮膚科治療はあまり変わりなく、アトピーに効くという、民間療法や化粧品の情報が基準もなくあふれるばかりで。。。
移植等では注目される日本の医療が決して先進じゃなく、皮膚科(きっと歯科等も)分野では、日本よりずっと進んでいる、合理的なアメリカの治療を受けさせていただいた経験は貴重でした。

やはり、有益な新しい情報を共有できるのはいいですよね。大変だとは思いますが、アトピーでお困りの方のために、これからもがんばってくださね。
posted by AA-J at 12:09| ★ハッピーボイス

2011年08月29日

赤ちゃんの湿疹がよくなりました。

1ヶ月の頃から、湿疹に悩まされ、いくつかの皮膚科や小児科を受診し、アトピーと言われました。
強いステロイドを使っても、なかなかよくならなかった頃に、明石先生を知り、相談しました。衝撃をうけました。今まで良かれと思っていた、オーガニックの肌着もベビーせっけんや洗剤も、すべてバクテリアの繁殖に好条件で、逆効果になっていたからです。

すぐに、バクトロウォッシュとおすすめの洗剤に変えました。するとどうでしょう!翌日から、劇的に改善したのです!!おかげさまで、一歳を過ぎた今では、湿疹はほとんどなく、薬も必要なくなりました。結局、うちの子は、アトピーではなかったようです。赤ちゃんは、皮膚のバリア機能が弱いために、アトピー患者さんと同じことが起きやすいことがわかりました。

これからも、多くのお母さんが赤ちゃんの湿疹に悩むとおもいます。わたしもふりかえるとわずかな期間でしたが、悩み、苦しみました。 本当のこと、効果的なケアについて知る人は多くありません。 多くの人にケアの方法が伝わり、笑顔になりますように。ありがとうございました。
posted by AA-J at 13:50| ★ハッピーボイス

当たり前の生活に 感謝しています

お世話になっています。
治療後 初の夏を過ごしています。

今年の夏は Tシャツに 半パン!
毎年 夏どんなに暑くても 長袖 長ズボンがあたりまえだった。スカートなんぞとんでもない!!
それが今年は気持ちよく素肌を出すことが出来ています。

たくさんの民間療法・漢方、10年も病院に通院しても治らなかったあのつらさが、今は忘れかけているくらい良好です。

はじめはアメリカなんて・・と思いましたが、確証のない治療法とは違いドクターは本当にすごい方です。私はドクターに会えた事が奇跡だったと思います。

手のひらにできていた湿疹を足からのアレルギー反応と診断。足の治療したらすぐ治ってしまった。
日本の医者はただステロイドをだして塗ることしか言ってくれなかった。ちゃんと 原因があるのに・・。

子供と一緒に お風呂に入れる・旅行に行ける・夜 子供と寄り添って眠る幸せです。

痒くて一人掻き毟ることもなく切れてテープを貼る作業もありません。

当たり前の生活に 感謝しています

posted by AA-J at 13:26| ★ハッピーボイス

2011年07月09日

汗をたくさんかいても大丈夫になりました

こんにちは。お久しぶりです。
あっ、、、、、と言う間に、もう7月です。明石さん、お元気でしょうか?

昨年の今頃は、激しいアトピーの炎症で、酷い状態でした。
明石さんに連絡を取ったのも、今頃だったと思います。

それから、最短で渡米し、1年がそろそろ来ますが、現在では、スポーツジムに週に3〜4回通い、汗をたくさんかいても大丈夫になりました。どんな運動でも、全く苦になりません。

今も、ほんの少しの湿疹は出ますが、タックを塗れば引く程度ですし、タックを塗らなくて済む日も増えてきました。
4月の中旬に、赤いぽつぽつが消えず、ショートバーストになりましたが終わってからが、自分でも驚くほどさらに良くなっており、日頃の注射やケアが効いてきているのだと感じました。私の場合乾燥が良くなかったのだと今さらながら感じています。

ここまで、導いてくださり、ありがとうございました。
すごく暑い日が続いていますが、お体ご自愛くださいね。
posted by AA-J at 13:28| Comment(0) | ★ハッピーボイス

2011年06月28日

症状が出る季節

明石さん、こんにちは。
200*年6月にアメリカに治療に行きました男です。
ご無沙汰しています。

ポートランドに行って4年目になりました。
僕は毎年、春から梅雨にかけて、主に顔に症状が出ていて、
治療から1年目は3回、2年目はたしか2回ショートバーストを受けました。
去年は、ドクターに写真を送ってチェックをしてもらうか悩んだのですが
それまでよりは軽かったのでもう少し待ってみようと思って少し待っていたらいつの間にか症状は治まり、結局0回。そして今年は、まあ症状は額に少し出ているんですが
ショートバーストのことはまったく考えない程度です。
新しいボトルの注文の時期が来たので
「そういえばショートバーストってあったなあ」と思い出したくらいです。去年までは、症状の出るのが顔なので、一番ひどい時は外出をするのが嫌だったんですが、
今年はほとんど気にすることもなく、毎日外に出ています。

症状が出る季節がだいたい3〜7月と決まっていて、
それ以外の季節はほとんど出ないため良くなっているという実感はあまりなかったのですが、やはり年々良くなってるんだなあとあらためて感じました。(とはいっても、3〜7月以外は、アメリカでの治療を受けてからずっと薬もほとんど使わずに過ごせていて、これは治療前のことを考えるとものすごい改善です)
治療後一年目、二年目は、この季節が来るのが憂鬱だったんですが、
今は、来年どうなっているか楽しみです。

なかなか関東の方に行く機会もないのですが、
いずれ顔を出しますのでその時はよろしくお願いします。

すっかり暑くなってきました。
あいかわらずお忙しいとは思いますが、
お体を大切にお過ごしください。
posted by AA-J at 10:45| Comment(0) | ★ハッピーボイス

2011年04月18日

少しでも多くの方がこの治療を受け、私みたいに新しい人生を歩んでくれることを祈ります。

お久しぶりです。
昨年の講演会では久し振りにお会いできて嬉しかったです。

私はというと渡米して丸2年が経過しました。
2年、、、とても早かったです。
この2年、今まで生きてきた中で我慢して出来なかった色々なことをしました。
プール・紫外線浴びての夏の旅行・友達とのお泊り・海外ビーチでのバカンス・両親との旅行・大好きなアーティストのコンサート(計6回!)・・・
夫からは‘生き急いでるみたいだね’と苦笑されました。
特に私は夏に弱いタイプで激悪化して、夏になると引きこもり生活をしていたので、夏に肌を気にせずに遊んだりできるのがとても嬉しかったです。
あと身体が思うように動かず、料理など家事がとっても苦痛だったのですが、今ではへっちゃらになり、暇をもてあますようになってしまい平日の夜にお菓子作りまでする余裕ができました。
仕事も、渡米前はフルタイムで8時間働くことができずにいましたが、今は普通に8時間働いています。

夜中に強烈な痒みと戦うこともない・肌から汁や粉がでることもない・他人の目を気にすることもない。
普通の人と同じ暮らしができることが幸せでなりません。

渡米前は、1人での渡米・1ヵ月ものアメリカ生活・お金の問題などモンモンして躊躇してしまう部分もありましたが、飛び込んで本当に良かったと思ってます。
むしろ、この治療を知らなかったら、行く機会がなかったら・・・と考えると恐ろしくなります。
渡米治療できなかったらあのままおばあちゃんになってたと思うと悲しいです。
人生の楽しみを半分も味合わずに生きてたとおもいます。


本当に本当に世界が変わりました。
少しでも多くの方がこの治療を受け、私みたいに新しい人生を歩んでくれることを祈ります。
posted by AA-J at 16:35| Comment(0) | ★ハッピーボイス

2011年02月15日

昨年の今頃を思うと。

お久しぶりです。
お元気ですか?

寒いですね〜!!!
東京や大阪では、雪が降っているのをニュースで見ました。
私が住む地域も、今日は積もりました。
昨年夏の日本は、異常な暑さだったようですが、冬も極寒ですね。

私の現在ですが、湿疹がかなり減り、満足しています。
環境の空気アレルギー対策を続けることで
さらに体調は良くなりました。

たまに、ぽつりぽつりと、湿疹が出ます。
特にお風呂で、気温差を感じると、出たりしますが、ひどく掻き毟るというこ
とは、ずいぶんと減りました。

毎日の保湿ケア、アレルギー注射も効いてきていると感じています。
昨年の今頃を思うと、天国のようです。
とはいえ、季節の変わり目が待っていますので、分かりませんが、今のところ
、このような形でずいぶんと楽になりました。

ポートランドで治療を受けられたことに、心より感謝します。

ありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。
posted by AA-J at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ハッピーボイス

2010年08月10日

少しでも治療後の声が伝わればと思います。

ありがとうございます。
AAJに初めてたどり着いた方や、
たどり着いたものの渡米を実行するか迷っている方などに、
少しでも治療後の声が伝われば、と思います。

BW、以前購入したものがなくなりかけなのでありがたいです。
テクスチャーが固めで、顔など皮脂が多い部分は特に
セタフィルクレンザーよりよく吸着して洗い流してくれる気がして
気に入っています。
また日々のケアに使わせていただきます。
では今後ともよろしくお願いいたします。
posted by AA-J at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ハッピーボイス

2010年08月06日

少しでも多くの方がこの治療法を知り、アトピーの苦しみから解放されますように。

私は渡米治療に至るまでに、日本での西洋医学、東洋医学やありとあらゆる民間療法を試しましたが、アトピーは良くなりませんでした。それどころか脱ステロイドによってか劇悪化し、去年の今頃は炎症大爆発で食事も取れず、体重も激減して瀕死状態でした。

身体的苦痛と、治す術がないという絶望感から死ぬという言葉が何度も頭をよぎりましたし、自殺しなくてもこのまま体が弱って死んでしまうのでは、とも感じていました。

今年は去年とは比べ物にならないほどよい状態です。かゆみも痛みもなく、夜眠れて、朝起きて食事もできて、体重も元に戻り、見た目にはアトピーと分からないほど回復しています。

そして、日々のケアとアレルギー治療の継続により近い将来完治状態に至るという希望があります。

もし渡米治療に辿りついていなかったら、
この時期はまた劇悪化して、発狂しそうな苦しみを味わっていただろうと思うと、今の状態は奇跡としか言いようがありません。

本当は奇跡ではなくアメリカの医学による回復ですが、
日本での情報の少なさ、アトピービジネスが蔓延して
明確な治療法のない現状を考えると、奇跡と呼んでも過言ではない気がします。

今はしみじみ救われたのだなぁと感じますし、ドクターや明石さん、渡米中御世話になった方々、両親には改めて一生感謝です。

このHPに辿りつくまで、本当に長い時間がかかりました。
アトピーについての情報が氾濫する中、帰国後の患者さんが書かれている「アトピー主婦のつらつら日記」というブログをきっかけにAAJ、渡米治療に辿りついたことは、人生で最も幸運な出来事でした。このブログを書いてくださっている方にも一生感謝です。

少しでも多くの方がこの治療法を知り、アトピーの苦しみから解放されますように。
posted by AA-J at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ハッピーボイス

2010年06月14日

展開が早くて夢を見ているようですが・・

日本に帰国してようやく落ち着きました。
アメリカでリバウンドが起こった時に、えらく情緒不安定になってしまい明石さんにもメールしたりして申し訳ありませんでした。(反省)あの後徐々に治まり、リバウンドはあの1回だけでなんとか終わりました。

それからは順調に回復していって、どんどん楽になって
アメリカでの入院生活、その後すごく楽しかったです。

帰国してからトリガーがわかるようになりました。
今日も車に乗ってクーラーをつけたらくしゃみ、鼻水。
原因はカビだろうと思います。
こうやって反応してたのも、以前はわからなかったんですよね。

一日2回のお風呂も大変だけど、これが生命線なんだと思って
がんばっています

ところでAA-Jに教えていただきたいのが、アレルギー注射を打ってくれるお医者さん。ご紹介いただけますか?

近所でお願いできるお医者さんがいればいいのですが
次の注射日までに探せなかった場合(その可能性が高そうです)
のため。

どうぞよろしくお願いします。

この4月の半ばに明石さんの本を読んで、2週間後会いに湘南に行き、・・・アトピーがよくなってアメリカから帰ってきている!
なんか展開が早くて夢を見ているようですが・・

マセソン先生、ベーカー先生、奈美子さん、こうへいさん、
ステファニー&マイク、1ヶ月一緒だったチームメイトにも感謝しています!
明石さんに出会えて本当によかった!
すごくすごく感謝しています。

自分がアトピーで苦しんできた20年はなんだったんだろう?
と思うんだけど、その辛かった20年にも感謝です。

ありがとうございます。
posted by AA-J at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ハッピーボイス

バクトロウオッシュ 梅雨時

皮膚トラブルの出る、この梅雨時には必ず必要になります。その後は時々、皮膚がプチプチ痒みだしたときなどに使うと、軽いうちに収まるようです。家族や知人にも分けてあげましたが、いろいろな皮膚トラブルの改善に役立っています。


AA-J:
通信欄に勇気のでる言葉をありがとうございました。ときどきへこむこともありますが,みなさまに応援いただいて活動を続けています。
今後ともよろしくお願いいたします。
posted by AA-J at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ハッピーボイス

2010年04月23日

治療後2年め、順調に回復しています。

【喜び,感動,治療後今おもうことなどを書いてください。】

明石さんお元気ですか。
治療後2年め、順調に回復しています。

私は脱ステロイド後、薬を再開して効かなくなり、頭のてっぺんから足先までステロイドを塗っても、時には起き上がってトイレに行くのも辛い状況でした。
上手にコントロールできない自分がふがいなかったです。

渡米するにあたって心配はありました。
見た目より体力の消耗が激しくて、当初、早く行きたいと気が焦るばかりでしたが「その状態でどうやって飛行機に乗るのか」と家族に反対されました。

脱ステ中ならば薬を使ったら身動きが取れるのかもしれないけど、すでに常用している場合どうしたらよいのだろうと悩みました。

経済的に治療を続けていけるのかも考えました。
塗り薬が効きにくいだろうし、今後何年かはショートバーストをくり返さなくてはならないだろうと予想して、見積もりを立てました。

おかげさまでなんとか体をもたせて日本を発つことができました。
機内では眠れず、映画を見る余裕もなく、、、、朝日の中ポートランド空港に着いた時は安堵しました。

現在、アレルギー注射を打ってくれる医師も私の回復ぶりを見て注射液に興味を持っています。
高澤さんにも言われましたが、注射の効果というよりはショートバーストの力が大きいです。ショートバーストが完全に要らなくなるまでにはもう少しかかりそうです。

現地で、明石さんのアトピーがどんなにひどかったか(今となっては笑い話かもしれませんね)、他の大変な症状の患者さんの話などお聞きして、皆さんマセソン先生治療を受けられて本当によかったと思いました。

日本の医療機関との連携やクリニック設立が実現することを私も願っています。

マセソン先生、AAJの皆様、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。




posted by AA-J at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ★ハッピーボイス

2010年02月09日

治療後の声 

■ アトピー治療を受けた方からの喜びの声、ハッピーボイス。 治療後のみなさんのメール待ってます。みなさんのメールが私たちの活動に勇気と情熱を与えてくれます。どうぞよろしくお願いします。


--------------------------------------------------------------------------------


「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その14


2006年07月07日 07時07分 この日僕はmixiという場所で自分の症状とある思いを公開しました。
自分がアトピー治療のための塗り薬により 重ステロイド症患者になってしまった事、
そして、様々な治療法を模索した挙句 一風変わった渡米治療を検討していると言う事です。
その日以来、僕はmixi上で、日記という形をとり 海外治療の為の準備やオレゴンでの治療経過
そして、そこでの僕の心境の変化などを、 ライトな文章で書き記してきました。

ここでは、mixi以外の方へ 僕のそれ以前のアトピーの症状、 脱ステの原因、渡米治療を選んだ経緯、
など核心そのものにも触れながら、 mixiよりもう少しディテールを掘り下げた内容に しようと思っています。
とはいえ、治療方法論や渡米治療の是非につき討論する気も、 他の全ての治療方法及び特定の商品を非難し糾弾するつもりも 全く無い、ただのアトピー患者一個人としての経緯であります。 ですので、上記のような内容のコメントや罵倒に付き合う気も さらさらありませんので、その点含みおき頂けましたら 幸いでございます。
それでは、少々長くなりますが、どうぞごゆっくり。。

僕は約4年ほど前、結婚と出産を機会に、 これまで、いい加減に対処してきた首の後ろや足などに出来たアトピーを 完治させようと、皮膚科を訪れました。 処方の通りにステロイドのリンデロンVGを使うと
見る見る炎症が引いていきました。 炎症が引き痒みも治まったので、薬の使用を中断して2日後、
今度は同じ場所にさらに酷いアトピーが出来ました。 そうこうしてる内に、患部は各関節部、生え際、口の周り、
耳などというようにどんどん拡がってゆき、 髪も一部脱毛したり膿栓が出来たりしながらも いつの間にか、月に一度血液検査、そして 各種抗生物質、抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤、 精神安定剤、睡眠薬、抗真菌薬、マイザー軟膏、ロコイド軟膏 アンテベート軟膏、リンデロンローション、 ツムラの漢方2種、プロペト、プロトピック、
亜鉛化単化軟膏、その他大量の薬を いつも携帯しなくてはならない状況になりました。

その後、病院を数度変えてみたものの、 ステロイドの強度は少しづつ上がっていき それに呼応するかのように皮膚の状態もどんどん 悪くなっていき、薬の種類も増えていきました。 毎日をステロイドで誤魔化しながらも仕事に明け暮れ、 最終電車近くに帰ることが出来るか、さもなければ 徹夜という状況下、それでも会社に通う事は出来ました。 今年3月の去る日の僕は仕事中、耳鳴りが止まず、 ちょうどいくつかの仕事の区切りが良かったので 次の日、一日休んで耳鼻科に行った所、 内耳炎外耳炎と診断され、鼓膜が治るまで 仕事は休むようにと言われ、ほぼ毎日のように 耳鼻科に通い詰めていました。 1週間経っても2週間経っても一向に治らず そればかりか無傷だった反対の鼓膜までが 破裂、最終的には左右2回づつ鼓膜が破れ、 片耳はその治療時の影響で変形していました。
培養検査の結果、効果的な薬が見つからないとかで もう一度再検査、今度はさらに多様な薬を用い 結果的に、僕の耳は耐性緑膿菌に近いもので、 効果のある薬も判明しました、その時既に治療3週目でした。

しかしながら、体全体と顔、耳に毎日ステロイド を使用しており、その影響で免疫力、 抵抗力が落ちている事がそもそもの感染の原因であり、 ステロイドを使用し続ける限り一向に快方に向かわないと 指摘され、慌てて皮膚科に問い合わせ、 その日を境に、僕の脱ステロイド生活が始まりました。 抗アレルギー薬を飲んでいるとはいえ、 これまで使用してきたステロイドを一気に絶つ事の 本当の意味をその時は知らずにいました。 指摘どおり耳は驚異的な速さでたった2日で回復しました。 しかしながら、一旦止めたステロイド軟膏を使用すると とんでもない痒みが襲ってきました。 また、薬剤の入っていないプロペトに対しても 僕の体は拒否反応を示し、とてもつけては居られなくなりました。

その日から数日後、今まで見た事もない 今まで起きた事も無い場所にまで酷い炎症で 体中が真っ赤になり、顔や足首等はむくんで、 耐えられない痒みと共にニキビのような出来物が 毛穴という毛穴ほぼ全てにに形成されました。
それについで全身の皮膚の剥落と少し掻くだけで 皮膚が容易に剥がれてしまう様になり、特に酷いものが 頭、顔から順に下に下りるように酷くなり足にまで 影響が降りる頃には頭の方は少し楽だったりと そういったサイクルで 都合3回、耐え難く酷いリバウンドを体験しました。 頭だけは始終痒かったです。

そんな中、食事制限、ビタミン風呂、添加物排除 コーラ砂糖除去、亜鉛、カテキン、ビオチン、 キトサンなどのサプリメント、空気清浄機 自己洗浄型空気清浄機能付きエアコン、 浄水器、漢方生薬煎じ薬、水療法、爪もみ、
消毒液塗布、呼吸法、亜鉛化軟膏、紫雲膏、 アトピコ、馬油、ヒノキ系薬品、杉エキス系薬品 密封療法、と色々試したのですが体感出来た物は皆無でした。 どれも最初は良い感じに働くのですが 回を重ねる毎に効果が薄れほとんど効かなくなる と言う現象を起こし、 新たな治療法や薬品を試しては期待を裏切られる繰り返しでした。

様々な情報がネットで溢れている昨今 僕も例に漏れずアトピーに効く薬品やグッズ、治療方や 脱ステ推奨皮膚医院、針灸、など調べている時 何か、今までと違う風変わりなHPを見つけました。 アトピーアソシエーションジャパン(AAJ)との出会いでした。 興味に引かれ、その日のうちにその内容のほぼ全てに目を通し無料の資料を請求しました。 これまで聞いた事も無いその内容に、愕然としました。 ある種のバクテリアに侵食されやすい事がアトピー体質で アトピーはバクテリアを体の中と外から駆逐し、 鼻などバクテリアの増殖しやすいところを叩けば 完治とは言わないまでも、発症させないで居る事は 可能だと言うのです。 加え、アトピーとアレルギーを切り離してそれぞれ別個に治療し、同時に喘息の治療も行えるという、 まるで魔法の様なその内容に強烈に興味を引かれつつ、
どこかに胡散臭さを感じていました。 あまりにも日本の皮膚治療の実勢とかけ離れている この治療についてのもっと具体的な内容、すなわち被験者の 言葉やブログはないかと探し、それらは簡単に見つかりました。

患者さんはみな、劇的に軽快し帰国しており、帰国後も ネットによる一年間のケアと投薬が付いていて、 決して、渡米する前のような状態には戻らないというのです。 しかしながら、この治療、ネックは渡米治療と言う事で 日本の医療システムの常識外、 すなわち国保の3割負担なる庇護の対象外 アメリカのドクターによる特別診察というシステムは 費用がかさむという点、加え約一ヶ月の海外入院生活、 興味は引かれつつも、妻と子を置いての単身渡米、 日本でまだ自分に出来る治療の可能性があるのではないか? と思い立ち、日本でのバクテリアに起因する皮膚病症例 を探しました、結果SSSSという症例があることが判明 。本来抵抗力の低い幼児などに発症するが時として、 投薬等による著しい免疫力、抵抗力の低下に陥った場合の感染症とありました。 同じような状態で耳が緑膿菌に感染し、さらにステロイド、 抗生物質等の長期投与の影響で耐性化した経験を持っていたので、 何かピンときました。 僕の脱ステ時数日後からの、 それまでのアトピーでは経験しなかったレベルの全身炎症、 剥落、組織崩壊、脱毛といい、そっくりそのままなのです。 ステロイドが無効化された事すら、その症状のピーク時には ステ軟膏の塗布は皮膚上にバクテリアを培養するようなモノ で禁忌との内容で、 きっとこれ(SSSS)に対する治療法は(AAJ)の物と 近いに違いないと考えるようになり、 日本の治療で僕の症状を治すことが出来るかもしれない。
と思いました。その後、色々な病院を廻りました。
小さな診療所から、大学病院まで、、、、

某大学病院では(SSSS)の名を出した途端、 医師6人に取り囲まれ、 その症例(SSSS)の疑いはあるけれど アトピーの場合も各部からブドウ球菌が多く見つかるため、 アトピーの増悪と明確な区別が無い、 その病気と認定すれば然るべく環境に隔離ですので、 (SSSS)認められず、 検査も上記理由により行う意味が無いと拒否などと、意味の分からない見解で結局のところ 何の措置も無し、、、、と言うわけで

日本ではバクテリア由縁の痒みや剥落、炎症を認めているが 明確な区別が無い割りにアトピーとは切り離している、 そして(AAJ)に似たような代替治療は行われない、 と言う結論を得ました あるとすればアトピーによる入院、ステロイド投与。 このように検討を重ねるに従い(AAJ)が 雲の上の蜃気楼のようなものではなく、 単にアメリカの科学的治療なのだという事が分かってきました。

さて、このように患者自らとしての僕は数多くの段階と 沢山の質疑応答を、自分の中で一つ一つ処理しつつ 理解を深めていきますが、周りの方々はそういう訳には 行きません。 すなわち、妻と義理の両親、義理の妹の理解を得る必要が あるのですが、 義理の妹さんは大学病院の看護師さんで、これまでも 病院を紹介して貰ったりしており、
義理の母は健康食品、自然食品などに凝っており様々な商品を勧めて下さったり、妻は妻なりに考えて、掃除の徹底、添加物の排除 アトピーに良くないものの除去食、など、 それぞれの方法で脱ステを応援して下さったもののこの一見破天荒な海外治療なるものについては なかなか理解が得られず、 日本で他に治療法は無いのか? もっと良く周りを探してみれば? 費用面はどうするの? などの意見が出され、 そんな中、当時オレゴンで治療中の患者さんとmixi上で 知り合え、貴重な体験談やアドバイスを伺う中で、 僕自身がきちんと代表者に話を聞いて、 疑問点や具体的な情報についての答えを得たいと 思うようになりました。

結果的には、(AAJ)の代表明石さんの所に 僕は僕の意図、妻は妻で疑念を持ったまま、二人で出かけ それぞれ感じたものを抱え、預けた娘の事もあり実家に行き、 そこで義理の妹さんとあれやこれやを話し、 結局はそこから家族へと僕の決意が伝わり また、妻や周りの疑念も晴れていきました。 すこしづつでも前進すれば、何とかなるもんだなぁ〜と 思ったものです。 それまでは、最悪の場合強行突破しかないのかと思っていました。

それまでは、延々と出口の見えない真っ暗闇のトンネルの中を 歩いているような感覚でした、 絶え間ない痒みとイライラ、眠れずささくれ立った神経、 そんな気は無いのに、寝起きの無意識に、 バタバタする子供に向かって「うるさい!!」と怒鳴ってみたり 家庭の雰囲気が剣呑なものになる事も数多くありました。 なにかしら毎日をとても神経質に過ごしていました。 しかし、 渡米治療に希望を見出してからは、気持ちが軽くなりました。 どうせ治るのなら、この一時的な痒みなど、どうって事無い、 とおおらかな気持ちになれました。 人間っていい加減なものだなぁ〜と思いました。

もちろん日本での治療法で治った方もいらっしゃると思います、 脱ステで発症させなくなるまで頑張る方もいらっしゃると思います。 しかし、ネットを見るとmixiの中でさえ、 アトピー30年めですとか、 脱ステ8年目です、10年目です、 などといってる患者さんが居るではないですか? 亜鉛で良くなると聴き試してみました、 生薬漢方も煎じて飲んでいました、 何が効いてるか分からない状況で 闇雲に手当たり次第試す事にも疲れ、 とてもじゃないですが、 僕の場合、数年も働かず闘病生活は出来ないので こりゃ早期になんとかしなければ と言う思いで闘病生活を送っておりました。 決意さえ出来てしまえば具体的な行動のみです。 お金の工面、パスポートなどの手続きなど、 多岐に渡り準備に忙しくなりました。 半年近くの間、頑としてステロイドを使わなかったのが どうせオレゴンに来たら治ってしまうのだし 当日、飛行機に乗れない程の酷い顔ではマズイので、 アレグラを一日二回、そして、酷い箇所のみロコイドを パルス的に使用しました。

そのようにして、今、僕はオレゴンにいます。 こちらに来て3週間ほどになりますが こちらに来てわずか2日で効果を体感でき、 良い意味でその状態が持続しており、 リバウンドもなく、鼻や手のひらなどアトピーと無関係に思える部分まで良くなり、肺活量や抵抗力が着いたのも自分ではっきり実感できます。

自分の事や気持ちを正直に話すのは、 ちょっと恥ずかしいのですが、 このような駄文を読んで、
何かしら心に引っかかるものがあるなら、 もう少し、この療法について調べたり、
代表の明石さんに質問しては如何でしょうか? 代表の明石さんも、約7年前の患者さんだそうで、 日本で散々色々試した挙句に渡米治療で著しく軽快し、 その後、ボランティアで始められた後 だんだんと今のようなスタイルになったと聞きました。 ですから、今、アトピーやステロイド症で苦しんでおられる方の 気持ちは痛いほど分かると思います。

早く直せばそれだけまともな生活を長く送れます。 僕自身はこの療法を選択して本当に良かったと感じています。
お金の面では本当に苦労しましたが、健康になれば、 働いて挽回できるので、一日も早く軽快し社会復帰したいです。 治療不能な後遺症や組織変形、治せないレベルの 脱毛、耐性菌化、合併症など、手の施し様がなくなる前に
どうか、こちらの治療を検討頂き、出来れば是非 オレゴンで、今の僕が感じている気持ちと 健康の素晴らしさを実感して頂きたいと思います。 僕の場合、数度に亘る破裂で耳が変形してしまい、 また、アトピーの酷かった部位の一部組織が やられ色素をなくした箇所があります、 また、生え際やコメカミ、チャリ毛、眉毛を無くしました。
幸い、毛の方は組織破壊まで至っていなかったので 皮膚症状の軽快と共に順調に生えてきております。

とりあえず、今の僕はすこぶる健康で アトピーであんなに苦しんだ日々の事が 少しづつ風化していきそうに感じます。 このタイミングで何かを書き残せたのは きっと何かの縁なのかもしれません。 アトピーの闘病生活のおかげで、家族の強い絆を実感し、 また、苦労を掛けてしまった事に感謝をしながら、 今からの僕は、この健康を家族や友人、そして 今でも症状に苦しんでいる人の手助けが出来ればと感じています。 とはいえ、(AAJ)と利害関係があるわけでもないので 僕はせいぜいこのような駄文を書いたり、リアルタイムな治療患者としての自身の生活模様を描いたりする程度です。 とりあえず、帰国したら、苦労を掛けてしまった家族に 家庭サービスをしたいと思います。

僕のmixi上での日記はまだまだ続きます。 オレゴンでの僕の様子、こちらの治療の様子、
帰国してからのアレルギー注射やセルフケアについて、 もしかしたらショートバーストについて 半年以上ぶりの社会復帰について、 アトピーとは関係無い文章の時もあります。
そして、手に入れた健康について、 もし、良かったら、遊びにいらして下さいね。

あなたの症状が少しでも軽快し、過ごしやすい夜に なりますように。



--------------------------------------------------------------------------------

アトピー治療後のお声を聞かせてください。】

「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その13

明石さま、大変ごぶさたしております。6月治療チームのものです。
先日日本に帰国したのでご挨拶にまいりました。
すっかり治って、アメリカ中の友達、親戚をわたり歩いて遊び倒し、ついに来月、
3年ぶりに大学に復学することになりました。ばんざーい!

こんな日が来るとは本当に思っていなくて、てっきり自分は勉強なんて全くやる気がなくなっていたのかと思っていたのですが、いやいや、単純に私ってアトピーで結構辛かったんですね!
治ってみたら今までやる気のしなかったことが、ためらわずひょいひょいとできるし、
朝も早起きでおひさまの出てる時間にいっぱい活動できるし、本当に毎日生まれ変わった気分です。

いろいろいろいろ書きたいことはあるのですが、(海のこととか)
今週末は友達の家族に誘われて軽井沢に今から出かけてきます。あんなにただ寝て食べて遊んだだけの治療なのに、
アメリカから病気の治療で帰ってきた、と人に言うと、
「それは大変だったね。。いいよ、今日はおごってあげるよ!」
という運びになり、帰国した翌日から毎日ディナーやら何やら予定がいっぱいです。
人生って不思議。。。

そして、本の出版、本当におめでとうございます!!
ここまでいらっしゃる過程、いくつもの大変なご苦労だったことと思います。
記念イベント、楽しみにぜひ私もお祝いにかけつけさせていただきますね!
それでは取り急ぎ。
love and sunshine,

2006年 9月 1日


--------------------------------------------------------------------------------

アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その12

今日はお忙しい中、空港でお茶まで付き合ってくださり、どうもありがとうございました。 おかげさまで、久しぶりのNYで久しぶりの友達にも会うことができて、 つくづくアトピーになってよかったです☆

先ほどアメリカにいる父の幼馴染(NASAの天体物理学者かつSF作家という面白いおじ(い)さんです)からメールが届いたのですが、 そのおじさん曰く、 NIH (National Institutes of Health) にいるPh.DかつM.D.の友達にドクターのcredentialsを見せたところ、
"I am not surprised that your friend's daughter is on her way toward complete recovery." と言われたそうです。
見る人が見れば、一目瞭然、御立派!な資格証明書なのだそうですね。 私自身は何も知らずに、HPを見て直感でここまで来ただけのくせに、 こういう話を聞くと思わずとても嬉しくて、そのまま高沢さんに言いたくなってメールしました☆



--------------------------------------------------------------------------------

アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その11

二日遅れましたが、誕生日おめでとうございます。
明石さんにお会いしてから一年たつんですね。帰国してからは、あっというまの一年でした。
最近の調子は、というと梅雨にもかかわらずとても調子がいいです。
アレルギ−の時期が終わったせいか、皮膚に厚みがでてきているのを、実感しています。
普通に生活できる事が、これ程楽で、幸せなのかと感じる毎日です。
一年前、明石さんに出会わなければ、ほんとどうなっていただろうと怖くなります。
今日、明石さんのブログを読んで思い出したのですが、
僕にも、症状がもっともひどかった高校時代の記憶がほとんどありません。自分の人生の中でぽっかり空いた空白の時間です。これから、ぼちぼちそういう時間を取り戻していこうかと思ってます。
そういえば、明石さん大学院に入られたんですね。
頑張ってくださいね。応援してます。



--------------------------------------------------------------------------------



【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その10

おひさしぶりです。私が治療を受けたのは、私が医師になる前の医学生の時でした。もうかれこれ5年になります。元々アトピー体質であり幼い時から常に皮膚は乾燥し、12歳ごろよりステロイド軟膏を愛用していました。その後も特に悪化も改善もなく経過していましたが、大学入学後テニスを始めたときから私の皮膚が変化してきました。

屋外でのスポーツのため今まで皮膚に与えたことのない『日焼け止めクリーム』を使うようになって・・・みるみる皮膚は乾燥、炎症を起こし、さらにそれを押さえ込むためにステロイド軟膏を塗る→日光に当たるという、今考えるとなんとも恐ろしいことをしてしまったのです。想像通り私の皮膚は見るも無残な状態で、その当時の写真をみると黄土色の皮膚をしていました。テニスをやめようか…と思っていた矢先、ある日突然顔面がまっかっかになり目も開かないくらいに腫上がっていました。そのときの私は、まさかそれがステロイドの副作用であるとは思いもよらず、さらに強力なステロイドを使い始めました。勿論、皮膚科にも行きました。

何をしてもどうにもならない私の顔、さらに追い討ちをかけるように大学では解剖学の実習が始まり、1日中目にしみるホルマリンやアルコールの充満した教室で毎日を過ごしました。それは、地獄ですよ。顔と首だけだった湿疹も、あっというまに前胸部、背中に広がり解剖実習が終わる頃には手指まで広がり肘は曲げられず、耳たぶからは滲出液がぽたぽたとしたたり落ちるような状態でした。

もう医者になるのはやめよう、と何度も思いましたよ。この時は…本当に両親に迷惑をかけました。(もともと気性が荒い私ですが)腫れ物に触るように私に接し、毎日大学から帰ってお風呂に入ったあとは全身保湿剤を塗ってくれたりと、時には今考えると恥ずかしくなるような暴言もはきました。医師を志す私が『何も信じられない』と思っていたとき、叔母からDr.マセソンのクリニックの話を聞きました。

まず治療内容の資料を読ませていただき『そうか!そうだったんだ』と納得し、渡米する決心をしました。私にはまだまだ『未来』がある、こんな状態で妥協してはいられないと思いながらドクターの治療を受けました。治療中および治療後の喜びはこの治療を受けられた患者さんと同じく、ドクターは私の人生を救ってくれた恩人です。

あれから5年が経ちますが…今ではアトピーであることを忘れてしまうくらい、また一緒に働く看護婦さんからも『先生、お肌きれいね。どこのお化粧品使ってるの?』と言われるくらいによい状態をキープしています。それでも時々当直明けや、女性ホルモンの周期にあわせて顔がほてったり痒くなるときもありますが、酷くなりそうなときはその周期にあわせてPSLを3日内服することもありました(最近はありませんが)。

私も医師になって5年、現在は消化器内科医として胃カメラや大腸カメラなどを行い診療をしていますが、特に最近になって、ふと患者さんと私の関係を、私とドクターの関係に照らし合わせて考えることがあります。私がいちアトピー患者としてDr.マセソンに頂いたものは皮膚の健康だけではなく『何かトラブルが起きても、また昔のようになったとしても私にはドクターがいるから大丈夫』という安心感なのだと実感しています。

ドクターは私の主治医であり医師としての大先輩でもあります。いつか医師としてドクターのアトピー治療を学びにいけたら…そして、日本でアトピーと闘っている患者さんを正しい治療法で助けてあげられたら…と思っています。

2006年 2月 17日


--------------------------------------------------------------------------------

【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その9

明石さんこんにちわ。
もう治療を受けて帰国してから一月程度立ちます。最近は非常に寒くて屋内にこもってばかりですが、明石さん
風邪は大丈夫でしょうか。帰国してきてからは寝てばかりの生活をしています。アルバイトもしてはいますが、きっと就職して定年後の時間を自分は先取りしているんでしょうね。ストレスもなく非常に気楽な生活を送っています。

最近運動がてらにゴルフの打ちっぱなしに通っています。これだけ寒くなっても汗はかくもので、結構いい運動になります。汗をかいて、ふとかゆくないと思うと自分は幸せだなぁ、とか思ってしまいます。
やっぱり運動っていいですね。今までは動いて汗をかくとかゆかったので、あまりしていませんでした。

今では親にアメリカかぶれ、とかいわれていますが、そんなに影響を受けたのか!?と自分で常々思うこのごろです。風邪を引いたときに風呂に入るのはやめておくよういわれましたが、風邪のほうがアトピーよりましだ、などと妙な考えを起こして風呂に入ったこともありました。

また今月アメリカに行く予定でいます。そのときは以前とちがって自分の趣味について色々と学んでみたいと思います。これからも色々お世話になると思いますが、治療の架け橋をしていただいている明石さん、ポートランドで色々お世話になった高沢さん、笑顔が非常に印象に残ったドクターには、頭を下げてお礼を何度も言いたい気持ちです。

ポートランドも、日本も寒い時期です。皆さん風邪などに気をつけて
お体を大事にしてください。それでは失礼いたします。


2006年2月1日

メールありがとう。
日本版セタフィル、プラスティベースの開発業務の会議で埼玉の製薬会社からいまもどりました。
夏前には患者の会の方に、おわけできるようになるとおもいます。

治療がうまく進んでいてほんとうによかったですね
私もサーフィンができる自分をしあわせだなぁーと毎日おもいます。

これかまでつらい時間をがまんしてきたので普通の(かゆみのない)感覚がもっともっとしあわせに感じられるようになっていくとおもいます。でも、まだまだ安心ではないのでセルフケアと定期的な注射をがんばってください。

これから社会人になるにあたってアメリカの良い部分が役に立つとよいですね。
私より先にれーしっくにいけてうらやましい。いろいろポートランドを楽しんできてください。



--------------------------------------------------------------------------------



【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その8

こんにちは〜遅くなりましたが。。。あけましておめでとうございま〜すぅ。
今年もよろしくお願いします。
毎日、寒いですね。。。最近、寒いので朝風呂サボりがちにしてたら、湿疹出てきました。。。乾燥しててかゆくなったりしますが以前に比べて皮膚が強くなってるみたいで全然大丈夫ですよ
(明石さんの言葉を実感してます)

私がアレルギー注射してもらっている病院は、初めての時は先生に診てもらってからなんですけど
2度目からは、注射コーナーに直接行けるので待ち時間も少なくていいと思いますよ。
ところで、注射って何年ぐらいで終わりなんですかね??
そろそろかな、なんて思ってるんですけど。。。今、3本目です。

あっ、こないだ数年ぶりに皮膚科に行きました。足の裏の皮がべろ〜んって剥けて
水虫か??と思い、心配になって隣の駅(通うことになったら恥ずかしいので)の皮膚科に行って調べてもらったら「湿疹ですよ、よくあるんですよ」って言われて安心したんですけど、処方箋は懐かしのリンデロンだったので家にある薬ぬっとこーっと思って薬はもらいませんでしたが・・・見た目がアトピーじゃないと、ただの湿疹になるん
だなぁと思いましたよ。

そのとき待合室に新しいアトピーの薬の治療に参加してくれる子供達を募集してましたよ。
これってエリデルですかね?とりあえず、困ってる人たちを早く助けてあげれればいいんですけどねぇ〜

こないだ、ポートランドの語学学校でできた韓国人の友達にそー言えばあの時、顔の色がダークだったよね。。。ってなぜか今頃言われました。実はあの時、アトピーの治療で・・・って話してもよかったんですけど
つたない英語でそんな深く長い話はできないのでしませんでしたがあの時は、うれしくて外に出まくっていたものの、やっぱり普通の人から見たら不自然だったんだなぁと思ったりしましたよ。ということで昔のことを思い出
しつつ今年もがんばろーかなって思いました。(やっぱりあの時って黒かったですか?)
ではでは、今年も困ってる人のために、がんばってくださいね!! 応援してますよ〜

2006年 1月 15日 日曜日 8:00 PM


--------------------------------------------------------------------------------
【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その7

皆様 遅くなりましたが、明けましておめでとう御座います。 2005年11月28日出発組の者です。
帰国して約2週間が経ちました。現在の肌状態ですが良い状態です。流石に”全く痒くない”と言う訳には行きませんがTACを塗れば落ち着くレベルです。 以前の”夜も眠れない痒み地獄”が嘘のようです。

「安眠出来るのなんて何年振りかなあぁ。」なんて考えてみたり。 アトピー性皮膚炎でない人には理解しづらい事だと思いますが、”安眠出来るのが嬉しい”事なんだと実感しました。

後、私は喘息持ちなので喘息の治療も受けました。渡米前に日本でも治療を受けていたのですが余り改善されませんでした。ですが、渡米後の治療の御蔭で今は完全とは言えませんが、10割が完全として今現在9割位まで回復しています。因みに渡米前は5割位でした。 治療代は日本よりアメリカの方が掛かりましたがアメリカで治療して良かったです。

今回の件でアメリカが好きになりました。今度は観光でオレゴンへ行ってみたいです。 最後に、 オレゴンでお世話になった方々及び明石さん、そして、アトピーで悩んでいる方にも今年が良い年でありますように。 それでは。

2006年 1月 13日 金曜日 4:14 PM
--------------------------------------------------------------------------------

【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その6

6月にこのホームページの出会い、資料を請求し、半信半疑で、悩んだ挙句、9月の説明会に参加させて頂きました。正直な気持ち、だまされるんじゃないかと、心配しながら参加させて頂いたのですが、
明石さんにお会いして、その不安な気持ちは、ふっとんで行ってしまいました。

色々なご自分の体験談や、治療についてのお話や私の質問で、時間をかなりオーバーしたにもかかわらず、嫌な顔ひとつせずに付き合って下さいました。
私は、それまで漢方やT病院など、色々な病院にかかっていたのですが、だんだんとステロイドも効かなくなり、
どうしようかと不安な毎日をすごしていました。私は、主婦で、主人と娘をおいて1ヶ月という長い期間渡米することを躊躇していたのですが、明石さんからの、「自分を大切にして下さい。そして、良くなって、これまで以上にご主人や娘さんを愛してあげて下さい」という言葉で、決心がつき、10月に実家の母を東京に呼び、家族の世話をお願いし、渡米して治療を受けることができました。

マセソン先生は、やさしい目をしたジェントルマンで、これまでの日本の医者と違い、皮膚に何度も触れて、じっくり診察して下さいました。長年のステロイド使用の為に、何度もリバウンドが来ましたが、お薬で覚悟していたよりもずいぶん楽に乗り切ることができました。 これも、すべて、マセソン先生の計算されたお薬の処方の賜物だと思います。

そして、1ヵ月後、成田空港に迎えに来てくれた母から、「顔が白くなったけど、お化粧しているんでしょ。」と言われ、「すっぴんだよ」と言うと、ものすごくびっくりしていました。渡米前の私の顔は、ステロイドで色素沈着していたのですが、それが治療でみるみるうちに、白くなって行ったのですから。

今、帰国して1ヶ月が過ぎようとしていますが、順調に回復しています。
ドクターからの指示をまもり、毎日2回のお風呂と保湿がんばっています。

この治療を紹介してくれた、明石さん、治療をして下さったマセソン先生、通訳だけでなく、ポートランド生活を楽しませて下さった、アメリカオフィスの高沢さん、皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

H.T 
2005年 12月 26日



--------------------------------------------------------------------------------

【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その5

こんにちは。 もうすぐ、Xmasですね☆
今年は寒くてホワイトクリスマスの可能性も高いですねぇ。 1年前のXmas・・・何をしていたのか全く思い出せません。 あの頃は毎日が同じで外出もままならない状態でした。 仕事もほとんど行けず、毎日毎分自分の身体と気持ちと戦ってましたからね。

そういえば、 保湿剤か化粧品か病院か何か忘れましたけど、 ネットでアトピー関連の商品を検索していたんですよね。 そして、ココのHPにたどり着いたんでした。 「アメリカ?何これ??うわっ高!これも(他の多々ある怪しい情報と)同じかな?」 HPをざっと見て思った感想でした。(ごめんなさい)

気にも留めず、すぐにまた他のページを探して。。忘れたつもりでした。 そして、お正月を迎えやっとの思いで実家に帰りましたが、 現状維持もままならず、悪化の一途をたどる私はふとこのHPを思い出しました。 そして、両親に「アメリカに行くかも」と伝えました。 驚くと思いきや意外にも「行っていいよ」の一言でした。 しかし、偶然出会ったHP、再度見つけるのは大変でしたよ、本当に。 けど、執念で探し出し、ちゃんとHP読みました。

そして、仕事始めの1月4日明石さんへ電話をかけると・・留守電。 さすがにまだ休みよね、とあきらめたものの 翌日無事に連絡が取れ、すぐに渡米を決めて職場の了解を得(半分泣き落としでしたけど(苦笑))、 10日後には日本を出発!! この間、明石さんから詳しい資料を送ってもらったので、両親も安心したようです。
<私、情報をほとんど伝えてなかったので心の中では心配してたんでしょう> それくらいバタバタでしたね〜。

思い返しても凄いな、私って感じです。 今、同じことできるかっていうと躊躇しますよ。 最後の最後の切り札って感じで追い込まれていたからこそできたのかな。 帰国した直後は、みんなに良くなったねとかどういう治療をしたのとかいろいろ言われましたが、今は誰にも何にも言われません。 新しく出会った人にもアトピーで生死をさまよっていたの気づかれないんです。 ボディはまだまだ皮膚が不安定だし、全然キレイじゃなくて当分ケアが必要だけど、 昔の自分に近づいているんですよね。嬉しい限り。

普通の生活ができるのってスバラシイ! アメリカでは・・高沢さんのおうち、ケアホーム完成したんですね! おめでとうございます。 ぜひ、もう一度訪れたいものです。 来なくていいって言われそうですが、、で、ドクターにも会いたいですね。 デジカメで撮った画像でなく生の自分を見せてお礼をいいたいです。 そう思わせるくらい治療=辛いイメージじゃない!!

注意するpointは、自分自身と関係者を信じることくらいかな。 あとは、英語がもっと話せたらいいかな。 千載一遇で出会ったこのご縁、無駄にしなくてよかったって本気で思います。 ここのHPを気にしている方には、迷わず『善は急げ!!』精神で前に進んでほしいもんです。

そうそう、最近気になるのが勉強会です、どんな風にやってんだろうなぁ、と。 今頃かよ!って明石さんから突っ込み入りそうですけどね。 私には、行く時間がありませんでしたからね。 東京だけじゃなく、九州とはいいませんが、、西日本くらいであるならお手伝いできるのにネ。

何かできることあったら声かけてくださいな。 東京に行く機会があれば、お会いしたいもんですね。フフフ。
しかし 今年のクリスマス・・・ 準備万端なのに相手がいない。。 しょうがないので、女友達とパーティ。
だけど、去年に比べたら最高!!

2005年 12月 21日


--------------------------------------------------------------------------------

【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その4

こんにちは。明石さん
無事帰国しました。行く前は、いろいろとお世話になり本当にありがとうございました。

滞在中、一人でホテル暮らしの僕に、電話を、してきてもらった時は、とても嬉しかったです。あの電話で、日本に帰ったら、1年ぐらいは、のんびりやろうと、、、。突っ走りかけていた気持ちを、思い直すことが出来たように思います。帰ってきて思うのは、これから約半年から1年が大事な治療の時期だなという事です。
明石さんが、電話で言われたとおり、あまりやんちゃせずのんびりやろうと思っています。

今だから、言えるのですが、行く前、治療の申し込みをしてからの自分の心身の状態は、とても不安定で
ひどいものでした。もしこれで駄目ならどうしようという想いから精神的にかなりきつい状態でした。
そういった事もあり、明石さんと電話で話しさせてもらった時も、電話腰に、どこか疑っている想いが伝わっていたと思います。本当、すみませんでした。

これからもなにかとお世話になると思いますが、よろしくお願いします。
あと、保険の申請の事等で、いくつか質問があるので、近久、電話させてもらうと思いますので
よろしくお願いします。 、明石さんも体に気をつけて仕事、遊びに頑張ってくださいね。
最後に、12月の中旬すぎぐらいに東京に行く予定があるのでもしお会いできると良いですね。一緒に美味しい物でもたべましょう。

それでは、また。
                 
2005年 11月 24日


--------------------------------------------------------------------------------

【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その3

どうもお久しぶりです。先日まで治療していた患者の夫です。
26日に帰国しましたが今のところ良好です。
本当にうそのように治ってますね。
途中から妻も買い物がんがんしていました、、、。
で、私自身も妻の治療途中から渡米してついでにアレルギ検査してもらいました。妻よりも多くアレルギ反応でてしまいました、、、、。
自分の治療でも感じたのですがアメリカの医療機関は説明が丁寧で論理的ですね。
実は夏に耳の中がかゆくなって耳鼻科にいってみてもらったらウィルス性と判断されました。
治療はしたのですが最近かゆくなることがあるのでアレルギー検査の問診時にいったらついでに耳ものぞいてみてもらえました。で、ウィルスじゃないよって説明をうけお薬を処方してもらいました。
すると日本の耳鼻科では1週間以上かかったのが翌日にはかなりましになっていました。

これはアトピーだと説明を受けたのですがその理由も丁寧に教えてもらいよーくわかりました。
日本では「これは夏によくなるやつです」としか説明してくれなくなおかつウィルス性と、、、、。
なんか日本の医者が頼りなく感じました。仕方ないですね。

とにかく妻もいろいろと治療中の記録をつけたりしてますのでまたなにかお力になれるようなことあれば報告させていただきます。とにかく行って治療してよかったです。
妻の両親、姉も感動していました。

ではまた!

2005年 11月 29日


--------------------------------------------------------------------------------


【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その2

2005年の12月3日で帰国1週間が経ちます。
帰ってくると日本は寒い冬になっており、空港に迎えにきてくれていた家族は全員風邪をひいてました。
そんな家族をびっくりさせたのはやはり私の肌の回復でした。

渡米前はいろいろな治療法を試み、最後には小食療法にも手を出しました。
しかし体重が減るばかりでなかなかアトピーも回復せず、健康的に過ごせませんでした。
「これじゃあアトピーが治るか、私の命が尽きるかわからない」ということで一番治納得できる治療を探した結果がアトピーアソシエーションが紹介していたアメリカでの治療でした。

もちろん、ネット上の情報を見ただけではなかなか不信感はぬぐいさわれず、主人と一緒に東京の勉強会に参加しました。説明会ではいろいろと治療法や薬について説明はいただきましたが、営利目的や詐欺という感じが微塵にもしない明石さんに信用がおけました。 ドクターマセソンにおいても同じでまさかご自分の休み時間を削って私たちの診察をされてるとは知りませんでした。彼もまた明石さんと同じやさしい目をしておられます。 アメリカは日本と違って保険制度のない国なので初めてこのHPで治療費を拝見したときにはびっくりしましたが、今まで根も葉もない治療にそれ以上のお金をかけてきた私は「これでアトピーの治療を最後にできるかもしれない」と思って決断しました。

私の中で日本のアトピー治療は全く信用できるものではなくなっていました。 ドクターマセソンはアメリカ人でもなかなか治療してもらえないくらいの高いレベルのお医者様で、人から聞いたところによるとそのお医者様とこの金額を考えてみるとアメリカの医療を知ってらっしゃる人からみるととても安い金額だそうです。 私はとてもいい金額だと思います。これくらいの金額でないと真剣にその治療法や薬を調べたりせずに治療をこころみたりされるんではないでしょうか?もちろん、私も一般的な家庭に生まれ育っているので金額的には悩みましたが、その分いろいろ調べました。

アメリカ滞在中に偶然5年前にアトピーの治療をされ今回、歯の治療にこられた方にお会いできました。その方は元アトピー患者さんだったとはまったく思えないほどのきれいなお肌をされてました。治療途中の私にはとても励みになる体験でした。

アメリカのアドバイザーの方からいろいろお話をお聞きしていると、アトピーに限らず医療に関してアメリカと日本の差に愕然とします。 今回私はアドバイザーの方にいろいろご紹介いただいて、アトピー治療に留まらず歯のホワイトング、ピアスなどもしてきました。本当に快適で楽しいアメリカ滞在でした。

これから1年は自分のセルフケアをしっかりしていくつもりです。 日本のアトピーの方々がこのHPを見て納得した上で渡米、治療をされるのを願って止みません。

関係者の方々には本当にお世話になりました。

ONE OF TWINS

2005年 12月 1日



--------------------------------------------------------------------------------

【アトピー治療後のお声を聞かせてください。】
「アトピーを克服した自分の気持ちを分かち合ってハッピーに過ごしましょう。」
  投稿:その1


今年の6月にこのホーム ページを見つけて、7月末に出発の決心して、9月に治療を開始して、
今ま た普通どおりに会社にいけるようになりました。
今までいったんひどくなると回復するのに1年はかかっていたの で、こんなに早く良くなってびっくりしました。
しかもこれからは「きちん とケアしていればあんなにひどくなることはないというとこ」そのことが一番う れしいです。
一回茅ヶ崎に行っただけで私に納得のいく説明をしてくださった 明石さん、本当にありがとうございます。
滞在中は高沢さんに本当にお世話になりました。ケアハウスも 思っていた以上に快適でした。
朝ごはんも夕ごはんも作ってもらって部屋のそう じも
してもらって。。。。 夢の様な生活でした。

また、アトピーのこと、アメリカ・日本の医療のことなどなど色んな話を聞いて本当に勉強になりました。
アトピーはしんどくてつらい病気で すが、というかどんな病気もそうですが
いろんな経験もさせてくれます。肌の調 子がいいときはそう思えます(笑)。
学校を休まないといけなかったり、会社を休まないといけなかったりしますが、
今回もいろいろ勉強になったし、とて もいい経験でした。

素敵な時間を過ごさせてくださった高沢さんとドクターに 本当に感謝しています。ありがとうございました。
帰ってから、「治ってよかったね」とか、「どうだった?」と言われた時には、
なるべくどこでどんな治療をしたのか話すようにしています。
またその話のつてで、しんどい思いをしているアトピーの人が
この治療を 知ってくれればいいなと思います。

知っていて行かないのと、知らなくて行けな いのとでは違うと思うので。
もし私にできることなどあればご連絡ください。

それとまだこ れからも自己管理の過程で
いろいろお世話になりますがよろしくお願いします。
では。

2005年11月6日

--------------------------------------------------------------------------------


こんにちは〜!!大変ご無沙汰しちゃってます。お元気ですか?

私は仕事も落ち着いてきたので大学に通ってます。いま一応、3年生です。
体のほうは、かゆみもほとんどなく調子いいですよ。。。
勉強会すっかりご無沙汰してしまって・・・すみません。

やっぱり、私には長年アトピーで苦しんで疑心暗鬼になってる人を根気強く説得でき
るほどの器は無いのかなぁなんて思ってます。こっそり応援してます。。。

ここ最近、やりたい事が次から次へと出てきて困ってます。すべてをちゃんとできればいいのですが・・・なかなか難しいですね。たまーに、あの苦しい時は何だったんだろう?というか不思議な感覚になる時がある
んですけど、明石さんもありますか?

何気ないときに、ふと辛かったこととか思い出したり、でも今は普通に
自由にやりたい事やってるよなぁ〜って思って、でも、この感覚を分かってくれる人もいないしなーっ
て思って終了するんですけど。。。一年ぐらい、あまりにも何もしてないので思い出もなく、
変な空白期間ができっちゃてるみたいでワープしてきたような気分になるときがあります。

明石さんもイロイロ大変そうですけど、お互いがんばりましょーね!
きっとよくなりますよ(ってパクっちゃいましたが・・・ちゃんと読みましたよ。)
何か楽しそうなイベントあったら声かけてくださいね〜!!

2005年9月25日

--------------------------------------------------------------------------------
     

明石様、高沢様

暑い季節で大変かと思いますが元気でお過ごしでしょうか。
こちらもやっと夏らしくなってきたかなと喜んでおります。特に暑い日はポートランドで買ってきたタンクトップが役に立っています。

今日ちょっと感じたことがあったのでメールしました。

今年の3月に、知り合いのアトピーのお子さんを持つお母さんと町内会の会合でたまたま会い、私がひどい状態だったので「どうしたの・・?だいじょうぶ?」と。アメリカで治療して、必ずよくなって帰ってくるからねとお話して、それっきりでした。

大学生のその息子さんは ○○で治療を受けてよくなったと聞いていたのですが、いまはよくない状態らしく親としてつらいとのことでした。実際に私のよくなった状態を見てびっくりしてました。治療のこと、向こうでの生活のこと、こちらのホームページの中を一緒に見たりしていろいろ話しました。

重症のアトピーで苦しんでいる人が身近にたくさんいるんだということをあらためて認識させられた日でした。崖っぷちの状態になる前に、治る手段があることを知ってほしいと思います。

私はラッキーにもここのホームページに出会うことができて治療にこぎつけましたが、情報がなくて困っている人が、自分で思っているよりもたくさんいるのかもしれませんね。

聞きたいといわれたときにはありのままをお話したいと思います。
まだ、完治したわけではありませんが、実際にセルフケア中の私を見てもらうことで、わかりやすいと思います。

ずっと自分だけで精一杯でしたが少しずつ他の人のためにも役にたてる自分になりたいと思う今日この頃でした。


2005年 7月 24日



--------------------------------------------------------------------------------

明石さま
帰国して1週間が経ちました。
インフルエンザにかかったり、初のアレルギー反応がでましたが、
アトピー性皮膚炎はいたって良好です。

年末に偶然こちらのホームページに出会い、渡米する決心をしたものの、これから仕事が大繁忙期に突入することもあって、職場へどう切り出そうか迷いましたが、体力の限界と明石さんの後押しもあって上司に相談、
出発までは大変でしたが、快く?送り出してもらったのでよかったです。

今現在、色々な理由で治療を検討しつつも迷われている方がいらっしゃると
思いますが、1日でも早く治療を開始する方が、心身ともに本当に楽になれますよ。

もし、あのまま日本で頑張っていたとしても入院したのではないかと思います。
そして、これまで同様ステロイドと民間療法のサイクルから抜け出せなかったかもしれません。考えると本当に恐ろしい・・・。

家族や職場の方々に「よくなったねー、綺麗になったね」と言われます。
行く前の本当の皮膚の酷さを彼らは(家族でさえも)知りません。見せたくなかったし、顔だけはまだマシだったから。本当に1ヶ月ちょっとでここまで快復できた喜びと凄さは、自分とドクターたちと高沢さんしかわからないでしょう。本気で感謝しています。っ

しかし、良くなったね!といいつつも「どこそこにアトピーで有名な病院があって入院の予約が2,3ヶ月待ちって新聞に載ってたよ」なんてわざわざ教えてくれる人がいました。
今更なんのために?私に言っているの??だいたいそこの病院知っているし・・・不思議です。

とりあえずは、自分がどんどん肌の調子をあげていくことで周囲の認識も変わってくるのかなと思いますが。
無理をせずぼちぼち頑張りつつも、これまでいっぱい我慢してきたことを楽しみます!

今回の件で知り合うことが出来た皆様とのご縁を大切にしたいですね。
ありがとうございました。
では、またメールします。

2005/02/27

--------------------------------------------------------------------------------

土曜日の夜、彼が帰国し予想以上に綺麗になっていたので家族みんな、本当に驚きました。
渡米前があまりにひどい状態だったので、
せめて夜だけでもゆっくり眠れるようになって帰って来てくれれば・・・
と思っていたのですが、全身つるつるで顔色もよく、まるで別人のようでした。

渡米前は不安も色々ありましたが、治療を受けて本当に良かった・・・。
今までアトピーのせいでたくさんの事を制限され、我慢し続け、
絶望の日々を送って来た彼に、これから思い切り人生を楽しんで欲しいと思っています。
本当にどうもありがとうございました。

一人でも多くのアトピーで苦しんでいる患者さんが、このサイトに辿り付き
正しい治療を受け、幸せな人生を送ることができるよう願っています。

2005/02/14

--------------------------------------------------------------------------------

高沢様、明石様

彼は、定刻より20分早く成田に到着し、6:30頃無事に我が家に帰って参りました。
肌はすっかりきれいになり精神的にも思ったより安定しておりましたので安心致しました。
車の中でも、食事の時にもずっと話しっぱなしで、少々興奮気味でしたが、ポートランド滞在中のことがよくわかりました。こんなに話してくれたのは何ヶ月ぶりでしょうか、、、。

家に帰って、しげしげと顔や首を見つめましたが、あんなに短期間で、これ程きれいに治るなんて、、、。1年近くもあれ程苦しんだのは一体何だったのでしょう。

マセソン先生や高沢様のお陰でございます。改めてアメリカの医療のすばらしさを感じると共に、どうして日本で同じ事ができないのかと本当に残念に思います。
彼も、アメリカで治療して良かったと申しておりますし、私達も行かせて本当に良かったと思っております。親子揃って高沢様にはすっかりご迷惑をおかけしてしまいましたが、これからは自分の身体に責任を持って管理し、ケアしていけるように助けて行きたいと思います。

マセソン先生と高沢様に、心から感謝を申し上げます。どうぞマセソン先生にもこの感謝の気持ちをお伝え下さいませ。ありがとうございました。

2005/01            

--------------------------------------------------------------------------------

明石 様
先日は、お世話になりました。勉強会ではじっくりとお話しを聞く事ができ、大変有意義な時間を過ごすことができました。

これからゆっくりと本人に、昨日の勉強会での内容を伝えていきたいと思っています。
お互い仕事が忙しく、なかなか話をする時間がないのが辛いところなのですが・・・。
本人も私も今のままでは、悪くなることはあっても良くなることはないだろうと思っ ています。ただ、言葉の通じない遠く離れた外国で治療を受けるということ、高額な治療費がかかるということで、彼も今すぐ決断をくだすことができないでいます。私とし ては、夜も眠れず体中がかゆくて痛くて傷だらけの現状を一日も早くなんとかしてあげ
たいという思いでいっぱいです。今のままでは、本当にゴールの見えないマラソンで、本人もう疲れ果てています・・・。

>>
メールありがとうございます。
お話する内容が、これまでの日本のアトピー常識と全く異なるので おおげさにならないように、かつ正しいアメリカの治療情報を伝えることが できるよう、かみくだいて工夫することがここ数年、私の課題でした。

本を書くことや、資料を作ることでそれらがすこし前進してきたようで 私自身も一安心しています。
私の体験情報が伝わっているというお返事を いただくことがたいへん嬉しく、私に勇気と情熱を与えます。
ありがとうございました。

ご本人さんには、なかなか伝えるのが難しいと思いますが
「アトピーは適切な治療で治すことのできる単に病気である、あなたのせいではない」
「必要以上に我慢したり苦しんだりする事はない」
「治療が必要な自分自身をすこし許してあげること」
「治すことで本来のあなたの才能を開花しよう」
ということを私は元患者として一番伝えたいのです。

>>
今回も本人が東京まで行く事ができ、直接明石さんにお会いすることができれば一番良か ったのですが・・・。
これからも時々質問等をさせていただくかもしれません。その時 はよろしくお願いいたします。
>>
もちろんです。東京以外のみなさまには教材と電話やメールを使う継続的なアドバイスをおすすめしています。
というのは、勉強会に参加していただいるのでおわかりいただけると思いますが
学ぶ情報が大量にあるので、単発の質問への回答ですとかなかな本旨がつたわらないという点があります。
資料を読みながら定期的にステップアップして
私に質問をしていただくととても良いとおもいます。ご本人があせらずにじっくり
学んでいけると良いと思います。
http://www.a-association.com/learn/conslt.html

作業的な点、、
・現在の加入している保険を調べて最大限に活用する準備をすること
・治療後の行政への控除の申請をしらべること
・勤務先の労働保険を調べること
などをすることで費用をすこしでも軽減する工夫は自己責任として大変重要です。
英語についてや、向こうで滞在期間については高沢がしっかりとしますのでご安心ください。
私もクリスマス休暇で行こうと思っていますが、まだ未定です。(超忙!!)
>>
*追伸*
丸ビルのお店、行って来ました(*^-^*) ちょっと高級そうなお店で、緊張してしまいましたが、本当にすごーくおいしかったです!教えていただき、ありがとうございまし た♪奥様にもよろしくお伝えください。
>>
あーよかったですねー座れたのですね。
あんにんとーふもたべましたね?

2004/12/13


--------------------------------------------------------------------------------

1ヶ月くらい連絡しなかったと思いますが、その間の 体調は快調でした。たしかアレルギー注射の連絡をしなかったような気がします。病院に行ったところ、どうやら僕は人との出会い運がいいらしく、看護婦さんに「じゃあアメリカから来た先生に診てもらいましょう。」と言われたときにはさすがに驚きました。日本人の先生だったのですが、やはり向こうと日本の違いや、それぞれの利点、欠点などもご存知で、いい話をしていただきました。

日本の医療のいいところを残してアメリカのいいところを取り入れたらいいのでは?と質問をしたところ、「それをやったらどうなるか、、、そうすると医者が倒れるんです。」と言われました。どうやら、現段階でも国からの医療費用がたりない状態で日本の医療界パンク寸前らしいです。
日本にもそれなりに事情みたいなものがあるんだな〜と思いつつ、先生に注射の資料を読んでもらったところ、技術的には何も問題は無いけれども、もしなにかアクシデントが起きたときに対応できる人間がいないということで、とりあえずは大学病院で注射を打ってもらうことになりました。3回打ってみて何も異常がなければ技術的には全然問題が無いのでかまわないと言われました。

アメリカ人の味覚がおかしいだの何だのと話に花を咲かせつつでしたが、話の分かる先生にめぐり合えて良かったと思います。ちなみに、先生との会話はわりと小声でした。軽く内
緒話してるみたいな感じでした。

明石さんに教えてもらったKEN ISHII聴きましたよ。僕の中でかなりヒットしました。すごいですね〜この人。いままでテクノは聴いたことがなかったのですが
予想以上に良くてびっくりしました。
いままでは基本的にJazz/CrossoverとかHOUSEが混ざったようなオシャレっぽいのがすごい好きだったんですけど、また新しい分野に感動をおぼえることができてかなり嬉しいです。

2004/11/26


--------------------------------------------------------------------------------
式から1ヶ月以上たち生活もほぼ落ち着いてきました。時々、かゆくなることもありますが、その時はぬり薬を3日ぬるとすぐ良くなり、しばらくは薬を使わずにすみます。
マセソン先生の治療を受けたのは、忘れもしない2000年の春だったので、ちょうど4年たちました。肌の調子も良くなり、結婚することもでき本当に良かったなと思います。

ささやかですが、先日戴いたお祝いのお礼の品をお送りします。
これは福岡の桜の名所、秋月と言う所の桜で染めたスカーフです。
使って戴けると嬉しく思います。また、肌のことでなにかありましたら
メールさせて戴きますね。

マセソン先生にくれぐれも宜しくお伝え下さい。

2004/6/26

--------------------------------------------------------------------------------

お久しぶりです。覚えてますか?明石さん結婚されたんですねー!!おめでとうございます!
私も結婚したんですよ〜いひひ。お互い人生のパートナーが出来てよかったですね。
すべてアトピーが治ったから(?)心に余裕ができて人生を楽しく過ごせてますね。
東京事務局大変でしょうが、これからもがんばってくださいね。
何かあれば手伝いますので言ってくださいね。

それでは、また

2004/6/24



--------------------------------------------------------------------------------

治療から2年を経て

同時多発テロが起こったときアメリカで治療中でした。 あの事件が話題になるたびにあの頃の自分の姿を思い出します。 リバウンドで全身の皮がむけてホテルのお部屋を汚し、メイドさんに少し大目のチッ プを置いたことなど、
脱皮を繰り返していた自分に今はちょっと笑えます。

1人目の子を産んでからどんどんアトピーがひどくなり、毎日熱にうなされて育児も 満足に出来なかった自分が、アメリカから帰った後、人生が180度変わりました。
元気になって海へ行ったり山へいったり。人付き合いも積極的になれました。 そして、自然な気持ちでもう1人子供が欲しいなとおもったらそのとおりになりまし た。
1人目は、この子も私のアトピーが遺伝してすごいことになったらどうしようと不安 ばかりでした。
今回はきっと大丈夫と不思議な自信があります。アトピーは良くなるということがわ かっているからです。

すこしでもアトピーで苦しんでいる患者さんの希望になればと、現在の状況をお知ら
せさせていただきました。

2003/11/22

--------------------------------------------------------------------------------

最近は日本はムシムシ暑く今日は34度まで上がるそうです。
息子は調子がよくアトピーと忘れるほどでしたが
汗に弱く、目の周り、額などすぐに赤くポツポツでますが
洗浄綿などですぐ拭くようにしています。
ポツポツ出たときは、エリデルを一回塗ると翌日には消えています!!
息子自身も自覚がでてきて、学校にも洗浄綿持って登校しています。
このように夏を乗り切ればいいのですよね。

2003/6/25 (母、息子さんが同時に治療しました)

--------------------------------------------------------------------------------

お母さんから
娘が大変お世話になり有難うございました。
悩んで悩んでおりました毎日がうその様に笑顔で帰ってまいりました事を喜んでおります。
取り急ぎお礼申し上げます。
(このお手紙と和菓子を送って貰いました。)


--------------------------------------------------------------------------------

息子さんから
報告したいことがあります。
学校なのですが、3年にあがるまでは嫌に感じていましたが
今はまったくそんなことなくなりました(*゜□゜*)
アトピーがだいぶ治ったせいでしょうか?なんか普通にみんなと話せるようになり、
結構友達もできました。おかげで今年の受験はなんとか乗り切れそうです。
本当に高沢さん&マセソン先生、ついでに両親に感謝しています。
ありがとうございます。


--------------------------------------------------------------------------------


お父さんから
 ご無沙汰しておりました。息子が治療を終えて既に2ヶ月過ぎました。その節は大変お世話になりました。アトピーの調子はすこぶるよい状態を保っており、本当にアメリカまで行かせた甲斐があったと思います。学校へはほぼ休まず通っておりますし、生活も規則正しくなっております。 

  また、高沢さんの長男の方の影響が大きいようで、コンピュータに興味を持った様子
で将来はコンピュータを生かした仕事をしたいと、少しながらも自分の将来を考えるようになりました。そして今週からは、受験勉強の為とあれほど好きであったPCを自ら物置に撤去して
勉強モードになっております。自分の目標に対してこれほど前向きになった姿を見るのは初めてであり、驚きと自分の息子ながら頼もしく思えます。
これも全て高沢さん宅にお世話になって治療を行った結果です。


--------------------------------------------------------------------------------


生まれて始めて夢を見ました。いつもかゆくて熟睡することがなかったので、 夢を見たことがなかったのです。その事を母に言うと、母は泣いて喜んでくれました。
(22才男性)


--------------------------------------------------------------------------------

体全体にアトピーがあって、その上足首から下が、爪も浮いて取れそうなくらい、 赤く腫れてすごく痒くてたまりませんでした。マセソン博士に診て戴いたところ、 運動靴に使われている、染料や糊に強く反応していて、運動靴は禁止されましたが、 治療を受けて体全体のアトピーは勿論治り、足もきれいになりました。今は超ミニスカートをはいています。
(19才女性)


--------------------------------------------------------------------------------
 40年間のアトピーで、20年間はステロイドの塗り薬を塗り続けていました。 止めると大変なことになるのは分かっているので、止めることは出来ません。 マセソン博士の治療を受けて、塗り薬を付けるのを止め、 1週間後にリバウンドらしき症状が出ましたが、その時に、又、適切な処置をしてもらい、 その後は、うまく、ステロイドから抜け出すことが出来ました。体はみるみるきれいになったのですが、 顔がきれいになりませんでした。マセソン博士からの、アレルギー検査を受けた所、 ニッケル(金属)アレルギーがあると言う事が分かりました。今では、 出来るだけ、ニッケルに触れないように注意しています。
(40才男性 )
--------------------------------------------------------------------------------

 お化粧をしたいと思ったころから、アトピーのことが嫌で嫌でしかたがありませんでした。 体はいつもむずむず痒く、触るとどこもざらざらで、酷いアトピー患者さんが多いので、 私のアトピーは他の人から見ると軽い方だったと思うのですが、 つるつるでぴかぴかして肌の方を見るとうらやましくてたまりませんでした。 いつも、かさっとした顔をしているので、老けて見られ、髪の生え際が、 だんだん後退していくように思い、毎日が楽しい事なんかありませんでした。 知人の紹介でマセソン博士の治療を受けた今は、つるつるぴかぴかの顔をしていますし、 体も足の裏もつるつるです。髪の生え際は、まだ戻っていませんが、多分戻って来ると確信しています。 私のことで、家の中も暗かったのですが、今は家族と楽しく過ごしています。マセソン博士には感謝しています。
(30才女性 )
--------------------------------------------------------------------------------
 私達はアメリカへ行って治療を受けました。
幼稚園では、白のブラウスに紺のスカート、白のタイツが制服でしたが、
ひざや足首など掻き破るので、いつも血がにじみ、その為、
綿の黒のスパッツを履かせていたので、一人だけ目だっていました。 食事制限もしていたので、家族の食事も玉 子、油、メリケン粉抜きで、 弟達をスイミングに通わせるのも隠れて連れて行き、家も畳や絨毯の部屋を全て、 フローリングにしたりと、孫娘のために、家族全部が、いつもぴりぴりしていました。 しつけをしようにも、痒い為、いつも機嫌が悪く、朝も起きるのが大変で、 幼稚園へ連れて行くのも、一苦労でした。マセソン博士の治療を受けて、 もう5年になりますが、孫娘は自分がアトピーだった事をすっかり忘れています。 心に傷が残る前に治療を受けて本当に良かったと思っています。アメリカから帰る時、 白のタイツを履いて、可愛いドレスを着て帰り、お迎えの人達からは、別人と思われました。
(10才女の子(治療時は5才)の祖母)
--------------------------------------------------------------------------------
 朝おきると、パジャマのままシャワーを浴びないと脱げない程、 体液が出てそれが固まりひっついた状態でした。毎日泣きながらシャワーを浴びていました。 自分だけが、どうしてこんな事になったのだろうと、誰にも言えず自分にこもり、 誰にも会いたくなく、何処へも行きたくなく、死ぬことを考えていました。 家族が、心配して声をかけてくれるのが、嫌でしかたがなかったのです。 アメリカでマセソン博士の治療を受けて来た人を見て、母や父が、 治らないでも良いから、気分転換になるから行っていらっしゃいと言ってくれました。 実は、アトピーのために縁談が破談になった所だったのです。 アメリカでの生活は本当に快適でした。お風呂に入ると、蛇の脱皮のように皮がむけ、 固いところがどんどん柔らかくなるのが分かりました。両親に、電話で、 きれいになって来たと報告したら、きれいになったと言って、気を使わなくても良いから、 ゆっくり出来れば良いのよ。と言う始末で、信用して貰えないほどでした。 それからもう4年たちます。その後結婚して、子供ももうすぐ2歳になります。 時々痒いことはありますが、マセソン博士がおられるので、安心して日々を過ごしています。 マセソン博士、長生きして下さい。(まだお若いですが…)
(32才女性)
--------------------------------------------------------------------------------
 コンピューター関係の仕事で、いつも椅子に座って仕事をしている為、 性器の部分が赤くて痒くて仕方がなかったのですが、人に言うのも嫌で、 ステロイドの塗り薬をこわごわ使っていました。マセソン博士の治療を受けて、 的確なアドバイスとお薬を貰い、今では、すっかり治っています。
(30才男性)


--------------------------------------------------------------------------------
治療後のみなさんのメール待ってます。
みなさんのメールが私たちの活動に勇気と情熱を与えてくれます。どうぞよろしくお願いします。







続きを読む
posted by AA-J at 15:27| ★ハッピーボイス